カジノカフェはあぶない?

店舗型のインターネットカジノカフェは、通称カジノカフェもしくはインカジとよばれています。
現在これらの店舗は警察から徹底的にマークされており、そのため裏カジノとよばれることもあるのです。
世界中で愛好者が急増中となっているオンラインカジノは、こうした裏カジノと一線を画すものであり、混同しないようにしなければなりません。

ここで実際に報道された実例を挙げておきます。
2006年の2月24日付報道
京都市に所在するインターネットカフェ「ゴールドラッシュ」店員2名および客2名を賭博容疑にて現行犯逮捕。
こうした報道に触れると、オンラインカジノはやっぱり違法ではないか、と不安になってしまう気持ちはよく分かります。
しかし、今回摘発されてしまったカジノカフェとそれぞれのご家庭で楽しまれているオンラインカジノは仕組みがまったく違います。
ですから、オンラインカジノについては安心して楽しんでほしいのです。

「でも、いったいどこが違うのだろう?」このような声が聞こえてきそうですね。
そこで、もう少し詳しく解説していきます。
今回摘発を受けたインターネットカジノカフェは、フィリピンで合法的に開設されているオンラインカジノに接続するスタイルで客に遊ばせていました。
ただ、訪れた客は直接オンラインカジノに登録することはなく、あくまでアカウント登録は店舗がおこなっていたと考えられています。そして、店舗側は客に1ポイントを100円で販売しており、ポイント残高に応じた形にてその場で現金の授受を行っていました。
これは賭博の胴元行為と認識されても仕方がないでしょう。
使用していたのはオンラインカジノであり、店舗側からすれば違法ではない、と主張しているのですが、現場で現金の授受が行われていたとするならば、やはり日本国内で賭博罪が成立することは間違いないのです。
警察関係者からの情報によりますと、以前からインターネットを介してのカジノに目を光らせているとのこと。
ただし、個人的に海外拠点のオンラインカジノに参加する行為自体は取り締まることが難しく、黙認してきたというのが事実なのでしょう。
しかし、近年問題となってきたのが暴力団関係者によるカジノカフェ経営であり、確実に暴力団資金源となっているのでは。
そのためこうしたカジノカフェにおけるお金の流れを徹底的に分析することで、賭博罪に向けての立件を急いでいるとのことなのです。
また、法律の専門家である弁護士の間では、海外におけるオンラインカジノへの個人参加自体も違法ではないか、とする声があるのですが、現在のところ取り締まる法律が見当たりません。

最新の情報を入手しながら、オンラインカジノを楽しんでいれば、摘発されてしまうようなことは絶対にありませんよ!