国ごとに異なるオンラインカジノへの対応

オンラインカジノ

世界でも違法と合法が分かれる

日本だけでなく、世界中でオンラインカジノは違法なのか合法なのかという議論が行われています。オンラインカジノを合法としている国であれば、違法という概念はありません。ただ、カジノを違法としている国が実はかなり多いこともあり、オンラインカジノも違法の対象に入ってしまうのです。
国によっては、一部地域はカジノは合法としているものの、それ以外の地域は違法として扱われていて、合法なのか違法なのか判断をつけられない場合もあります。

日本はカジノを違法として処罰している

日本の場合は、カジノ自体が違法という扱いになっている為、カジノが営業されていることが分かれば、警察の操作などを行って裏付けを取った上で違法として処理されています。
ただ、海外にデータが残されているオンラインカジノは、調査にもかなりの時間がかかることと、証拠として採用できないデータも多数あるため、違法でも合法でもないという扱いをされています。
当然ですが、日本国内でオンラインカジノを運営していた場合など、明らかにオンラインカジノを遊んでいると判断されるなら逮捕されます。
その場合運営側は、オンラインカジノを遊んでいた人よりも厳しい処罰を受けることになり、執行猶予付きの懲役を課せられる傾向が多いです。
日本はギャンブルについてはかなり厳しい傾向を持っている国です。違法とされているサービスについては、相当厳しく見ていますし、調査も速やかに実施され、証拠を取られてしまいます。

判断のつかないカジノ

海外は判断が分かれる

一方で海外では、オンラインカジノに関する対応が異なっています。オンラインカジノを合法としている国もあれば、違法と考えている国もあります。中には一部地域だけ合法と思っているけど、他の地域は違法と扱われているという、わかりづらい例もあります。
合法としている国は、カジノ自体が運営されている傾向にあります。店舗として運営しているカジノもOKだから、オンラインカジノもOKという扱いになります。違法の場合は逆で、店舗のカジノも駄目なのでオンラインカジノも駄目という扱いになります。
一部地域だけというのは、アメリカに代表される問題です。カジノを運営しているラスベガスはOKなのですが、他の地域はカジノを違法として扱っているので、オンラインカジノも駄目という扱いです。
海外では色々な傾向があり、日本とは異なる判断も出ています。

オンラインカジノ認識

オンラインカジノの存在は認識されている

日本でオンラインカジノを行っているのは違法なのかを判断するため、議論が進められています。
オンラインカジノ自体は、政府も把握しているサービスであり、実際に国会での討論が実施されたこともあります。ただ、政府として違法と思っていたとしても、証拠を集めないことには違法と判断できない問題等があり、なかなか大手を振って違法とは言えない状態です。

海外のサービスなので証拠が少ない

オンラインカジノのサービスは、全て海外に置かれています。サーバーからデータまで、海外の会社が管理していますので、証拠として出してもらうことが難しいのです。
日本の法律で裁ける範囲は、日本国内で起こっている犯罪に限られています。オンラインカジノは海外にありますから、国内で遊んでいたとしても法律の対象になりません。
更に、オンラインカジノに残されている証拠がかなり少ないこともあり、非常に厄介な問題を作ってしまうのです。警察としては、逮捕したいと考えて証拠を集めているのですが、全く証拠が集まらない状態になります。何とかして証拠をしっかりと集めて、逮捕に結びつけたくても、オンラインカジノが協力してくれないことには意味が無いのです。
結果的に、日本国内では違法とされているオンラインカジノは、逮捕するまでに必要な証拠を集めることができないので、プレイしているユーザーを逮捕させるまでには至らない状況です。

オンラインカジノ議論

オンラインカジノの違法性は議論されている

政府としての見解は違法としていますが、完全に法律で違法と判断されているわけではありません。つまり、逮捕したいと思っても、警察は証拠を集めて、単純賭博として判断できなければ意味がありません。
現在もオンラインカジノに関連する違法性は議論されていて、法律の改正が必要なのではないかとも言われています。法律を改正して、オンラインカジノを遊んでいることがわかった時点で逮捕できる状況にされれば、日本国内でもオンラインカジノによる逮捕者がかなり増えることになります。
しかし、議論は進んでいるものの、オンラインカジノに関連する法律改正が行われるような動きはありません。現時点では、政府は違法という認識を持っていたとしても、警察がしっかり証拠を集めてこない限り、逮捕しても罰を与えることができません。海外の会社が運営しているオンラインカジノだからこそ起きている問題であり、他のギャンブルとの違いが鮮明にあるのです。