ベラジョンカジノでマスターカード(Mastercard)利用まとめ

ベラジョンカジノ マスターカード(Mastercard)

大人気オンラインカジノであるベラジョンカジノは、多くの初心者からプロユーザーまで納得の素晴らしいカジノサービスを行っています。

支持される秘密は多すぎて書き切れるものではありませんが、ボーナスの優秀さ、入出金手段の充実、魅力的なプロモーション、後は圧倒的なゲーム数の多さ、等が大きな理由として挙げられるでしょう。

プレイする上で最も重要なのは入出金手段の確保です。
これができなければ、ベラジョンカジノを楽しむことはできません。

特に日本国内で良く使用されるのは、クレジットカードでの入金です。

クレジットカードでの入金の際に、良く使用される手段としてマスターカード(Mastercard)での入金が挙げられますが、ベラジョンカジノにおけるクレジットカード入金全般が不安定な場合があるので、時には入金が失敗してしまうことがあります。

ここでは、クレジットカードでの入金、特にマスターカード(Mastercard)での入金について説明していきたいと思いますので、参考にされてみてください。

マスターカード(Mastercard)での入金方法を解説

マスターカード(Mastercard)での入金方法を解説
現状、ベラジョンカジノにおけるクレジットカード入金の項目は1つのみです。
下記に入金時の手数料などの詳細を表でまとめておりますので、参考にされてみてください。

クレジットカード 手数料:2.25%(最大5.0ドル)
アカウントの登録名と一緒の名義でなければ使用出来ない。 最小入金額:12ドル、最大入金額:2500ドル

少し前までは、クレジットカードでの入金には、いくつかのオプションに分かれていました。
最大入金額に違いがあったりと、入金時のメリットに少し差がある状態でしたが、現在は1つにまとめられています。

ベラジョンカジノにおけるクレジットカードでの入金は、現在不安定であると言わざるを得ないという状態であり、こちらでベラジョンカジノのチャットサポートにクレジットカードでの入金は、どの種類(VISA、マスターカード(Mastercard)、American express、JCB)の手段が採用されているのか?という事について質問した所、下記の返答が返ってきました。

弊社では様々な決済会社をご用意させていただいており、また、お客様のご利用状況によりご使用いただけますカード会社が異なる場合がございます。
また、入金ページにて表示される項目が定期的に更新される場合がございます。
その為、ご利用いただけるご入金方法が、変わる場合がございます。
その為、一度ご希望のクレジットカード等でお試しいただければと存じます。

という事で、実際は使用できるかどうか、試してみなければ分からないという返答です。
ですので、マスターカード(Mastercard)での入金を検討されている方は、まずご自身のカードでの入金を試してみられる事をオススメいたします。

マスターカード(Mastercard)での入金の仕組み

マスターカード(Mastercard)での入金の仕組み
本来、マスターカード(Mastercard)は日本国内の法律で、公営競技への投票以外の賭け事、ギャンブルを禁止している点を考慮して、ギャンブル目的での使用が禁止されています。

ですので、以前もベラジョンカジノでマスターカード(Mastercard)が急に使用不可能になる場合が多くありました。

ですが、現在は中間決済会社を介しての入金を行う為、マスターカード(Mastercard)入金も可能です。

しかし、別項目でも記述した通り、マスターカード(Mastercard)に限らず、ベラジョンカジノにおける全てのクレジットカードでの入金は成功するか否か、まずは試してみないと分からないというのが現状で、不安定な手段と言えます。

常にベラジョンカジノにおける入出金手段は、変化し続けておりますので、注視しながら、自らに一番合った入出金手段を確保していきたいところです。

手数料について

手数料について
マスターカード(Mastercard)で入金する際に気を付けたいのは、ベラジョンカジノ側で設定されている手数料と、カード会社におけるドル決済手数料です。

ベラジョンカジノ側では送金額の2.25%(最大5.0ドル)がかかるのと、カード会社ごとに異なる「ドル決済手数料」が発生します。
ドル決済手数料は、例えば三井住友カードが2.20%、楽天カードだと1.63%ですが、大体1.5ドル~3.0%の間の手数料がかかると思って良いと思います。

また、手数料以外の視点ですが、マスターカード(Mastercard)入金時の円ドルのレートよりも、割高のレートが選択されている事が多く、当日のレートが反映されていることはまずありません。
例えば入金をしようとしている時に円ドルの関係が1ドル109円だった時に、ベラジョンカジノにマスターカード(Mastercard)入金をしようとした際、実際は1ドル119円相当の計算で入金されようとしている等です。

入金時には実際のレートとどれくらいの差があるのかに注視し、可能であれば実際のレートとの差が少ない時に入金をされることをオススメいたします。

エコペイズでの出金方法について解説します!

エコペイズはオンラインカジノへの入金だけではなく、オンラインカジノからの出金も可能です。
オンラインカジノとプレイヤーの間に入り、お金を移動できるサービスで、オンラインカジノで利益を得た場合にはオンラインカジノからエコペイズ、そして自分の手元へと移動させ、利益を手にする流れとなります。

そこで、オンラインカジノからエコペイズ、さらにはエコペイズからプレイヤーへの出金方法について解説していきましょう。

オンラインカジノからエコペイズへ送金する方法

オンラインカジノからエコペイズへ送金する方法
オンラインカジノからエコペイズに送金する流れを解説してきましょう。
基本的な流れとしてはオンラインカジノにログインし、エコペイズへの出金を選択・操作するのですが、微妙な操作感やエコペイズへの出金手数料はオンラインカジノによってそれぞれ異なります。

そこで、一例としてカジノシークレットにて説明していきましょう。

カジノシークレットからエコペイズに出金する

まずはカジノシークレットにアクセス・ログインしましょう。
マイページの「出金」から、エコペイズを選択します。

他にもいくつか選択肢が用意されていますのでエコペイズと間違えないよう気を付けなければならないのですが、カジノシークレットの場合、入金に使用したことがある方法が表示されますので、エコペイズからのみ入金している人であれば、出金選択肢がエコペイズのみとなりますので間違えるリスクは低いです。

エコペイズを選択したら、出金したい金額を指定しています。
スライドバーを移動させるか、あるいは希望出金額を直接入力するかの二択です。

「リクエストされた出金は現在ペンディング中です」と記載されたボタンが表示されたら出金申請は終了です。
オンラインカジノによってエコペイズに反映される時間は異なりますが、エコペイズ口座に入力した金額が入金されていれば作業終了です。

基本的にはオンラインカジノからの操作のみ

カジノシークレットを一例に解説しましたが、オンラインカジノからエコペイズへの出金は、多くのオンラインカジノにて基本的にオンラインカジノ側のみの操作となっていますので、難易度は高くはありません。

決して難しい作業でもなければ、制限時間が科せられている訳でもありませんので、焦らず正確に作業しましょう。
とはいえ、入力する項目は出金額程度になりますので、出金額を間違えたとしても大きなリスクを背負うことはありませんので、気軽に行いましょう。

エコペイズからプレイヤーのもとへの送金方法

エコペイズからプレイヤーのもとへの送金方法
オンラインカジノからエコペイズへお金を移動したら、次はエコペイズにあるお金をプレイヤーの元に送金します。
プレイヤーの手に渡ってこそ、利益確定となりますのでエコペイズからプレイヤーへの出金はとても大切ですが、その方法としては下記になります。

・国際送金
・高速現地送金
・ローカル出金
・SEPA送金

このうち、一番下のSEPA送金に関してはヨーロッパの銀行に送金するための方法になりますので、日本人プレイヤーには国際送金、高速現地送金、ローカル出金の3種類の出金方法が用意されていますが、ローカル出金も使用するケースはそうそうありませんので、国際送金と高速現地送金の二択と考えてよいでしょう。

まずは大まかに、手数料と日数をご紹介します。

・国際送金、10ユーロ、8日~10日
・高速現地送金、1%(最低15ユーロ)、1~3日
・ローカル送金、1%(最低15ユーロ)、3~5日

最も安価な方法は国際送金で、最も早い方法は高速現地送金になります。
これらを掘り下げるべく、それぞれの方法について解説していきましょう。

国際送金

国際送金はエコペイズから国内銀行に最も安く出金できる方法ですが、出金手続きから銀行口座への着金までおよそ10日前後かかりますので、時間はかかっても良いので安価に出金したい人向けです。

まだエコペイズで銀行口座を登録していない場合、まずは銀行口座の登録からになります。

銀行口座の登録

銀行口座を登録するためには、まずはエコペイズにログインします。

「預金を送金」から、「銀行口座」をクリックします。
そこに「銀行口座を追加」とありますので進めていきましょう。

銀行口座を作成するだけであれば選択肢はさほど重要ではありませんが、そのまま出金するのであれば国際送金を選び、「アカウントの追加」をクリックします。

すると銀行の登録画面に移動します。

銀行名や銀行の住所、SWIFTコード、銀行コード等を入力するのですが、注意すべきは銀行名と銀行の住所です。
これらを英語で入力することになるのですが、日本の住所をローマ字で記入すればよいのではなく、英語表記にしなければなりませんので、「銀行名 英語」「銀行名 海外 受取」といったキーワードで検索をかけてみましょう。

英語の住所表記が見つかるはずですのでその表記を入力しましょう。
もしも見つからず、不明な場合には銀行に直接問い合わせてみるのも手です。

特にメール等で問い合わせると、メールにて英語表記にて返信が来ますので、そのままコピペして入力できます。

すべて入力し、間違いがなければ「確認」を押しましょう。
登録だけであればここまでで良いのですが、続けて国際送金を行うのであれば、「資金送金へ移動」をクリックすることで、送金手続へと移動します。

送金手続

国際送金の手続きを行います。
出金したい口座、出金したい金額、登録した銀行口座を入力します。
国際送金のタブとなっているのかを改めて確認しておきましょう。

すると、「引き出し明細」が表示されます。
アカウント、金額、受取人、受取口座番号、銀行名等が表示されます。これらの情報に間違いがなければ「確定」を押しましょう。

もしもですが、何らかの間違いがみられる場合には修正しておきましょう。
画定を押すとエコペイズの出金申請は完了です。

8~10日ほどで指定の口座に着金されますので、それまで待ちましょう。
ここで気を付けるポイントとして、8~10日という日程は実際の日程ではなく営業日になります。つまり、土日や祝祭日を挟んでいる場合、伸びてしまいます。

そのため、出金を急いでいる場合、あるいはすぐにでも出金した金額を手にしたいのであれば、これから解説する高速現地送金を選んだ方が良いでしょう。

国際送金は、あくまでも時間がかかるものの、出金手数料が安い手法です。
時間にこだわるのであれば、国際送金よりも少々手数料が高くなりますが、高速現地送金の方が良いでしょう。

高速現地送金

1~3営業日での着金が可能な高速現地送金。
先に紹介した国際送金と比較すると、手数料は高いですが、着金のスピードが断然速いので、早くお金を手にしたい人向けのシステムです。

まずはこちらも銀行口座の登録ですが、注意すべきは国際送金と同じ銀行ではあっても、方法そのものが異なります。

いわば「国際送金用」「高速現地送金用」の登録だと考えると分かりやすいでしょう。
そのため、改めて高速現地送金用の銀行口座の登録が必要です。

銀行口座の登録

エコペイズにログインし、「資金を送金」から銀行口座を選びましょう。
「銀行口座へ送金」の画面となりますので、高速現地送金をクリックし、その下部に登場する「銀行口座を追加」にて、「高速ローカル出金」を選び、「アカウント追加」をクリックしましょう。

利用規約を押すと、銀行口座の登録画面となります。
銀行名、銀行コード、支店名、口座番号、姓名を入力するのですが、ここでは銀行名、支店名共に日本語で問題ありません。

姓名はカタタカ、口座番号や銀行コード、支店コードは数字にて入力します。
そして、入力をすべて終了したら「アカウントの追加」をクリックしましょう。

すると入力した情報が表示されます。
間違いがなかったら「確定」を押しましょう。
これにて銀行口座の登録は終了です。

高速現地送金の方法

まずはエコペイズにログインします。
そして「資金を引き出す」を選択し、引き出しの欄にて「高速ローカル出金」を選びます。
すると、「引き出し先」の候補が表示されますので、先に登録した銀行口座を選択し、金額を入力し「続行」を押します。

すると引き出し明細が表示されますので、問題なければ「確定」を押します。
これにてエコペイズから完了メールが届き、出金申請は終了です。
3営業日以内に着金されます。

高速現地送金の手数料

高速現地送金の手数料は、先にもお伝えしたように1%、最低15ユーロとなっています。

この解釈は、1%と15ユーロの高い方が適用されることを意味します。
例えば10000ユーロの出金を行う場合、1%は100ユーロになりますので、手数料は100ユーロです。

1000ユーロを出金する場合、1%は10ユーロです。この場合、最低額として設定されている15ユーロよりも低くなってしまいますので、15ユーロが適用されます。

つまり、あまりにも低い料金を高速現地送金するのは割に合いません。
少なくとも、1%が15ユーロ以上を超える1500ユーロ以上出金する際の候補にした方が良いでしょう。

ローカル出金

ローカル出金は、高速現地送金と同じ手続き、さらには費用も同じなのですが、着金までの営業日が3~5日と、高速現地送金よりも少々遅いです。

国際送金よりは早いですが、高速現地送金と全く同じ手続きかつ費用で、日数だけが遅いシステムは、基本的に利用する機会はそうそうないと考えてよいでしょう。

なぜ用意されているのかと定かではありませんが、高速現地送金ではなくローカル出金を選ぶ理由は見当たりません。

SEPA送金

SEPA送金はエコペイズからヨーロッパの銀行に送金するための機能です。
つまり、日本人プレイヤーにとっては関係ない機能です。

エコペイズの日本語公式サイトに記載があることから気になる人もいるかもしれませんが、エコペイズはイギリスの金融機関になりますのでヨーロッパで提供しているサービスを、そのまま日本語サイトにも掲載しているだけで、日本人にとっては利用する機会のないものです。

出金手続き後のキャンセルについて

エコペイズでは出金申請をした後、キャンセルすることも可能です。
トランザクションページを確認し、「送金」を選択しましょう。

すると、出金申請の取引履歴がありますので、キャンセルしたい履歴をチェックします。
キャンセルが可能な申請には履歴のスペースにゴミ箱マークが用意されており、さらに「ステータス:新しい」と表示されています。

ゴミ箱マークをクリック・タップするとポップアップにて「取引をキャンセル」と表示されますので、「確認」を押すとキャンセルとなります。

出金時の注意点について

出金時の注意点について
出金は国際送金と高速現地送金の二種類ですが、いずれも銀行口座を登録しておけば、出金額を指定する簡単な操作のみで出金が可能です。
しかし、いくつか気を付けておくべき点があります。

本人確認書類提出はスピーディーに

エコペイズに登録するとCLASSIC会員でスタートします。
本人確認書類を提出し、本人確認が終了することでSILVER会員にランクアップし、出金が可能になりますが、CLASSIC会員では出金はできません。

つまり、本人確認が終わっていないと出金できません。

そして本人確認は時間がかかるケースがあります。
自分自身では本人確認が終わっていると思っていても、実は了承されておらず、CLASSIC会員のままなので出金ができないケースも見受けられます。

オンラインカジノで遊ぶためには入金はすぐに行う必要がありますが、出金はゲームの展開次第です。

そのため、本人確認を「そのうち」と思って後回しにしてしまう人もいるのですが、いざ出金しようと思ったその時にまだ本人確認が終了していないケースもありますので、本人確認、つまりはSILVER会員へのランクアップは早い段階で行っておきましょう。

書類の再提出を求められた

本人確認のための書類を出したものの、再提出を求められるケースがあります。

この場合、本人確認が了承されたわけではありませんので出金はできません。

提出した書類に不備がある、あるいは提出した書類だけでは判断できないので改めて書類を出すようお願いされるケースがありますので、指示に従いましょう。

規定日数を過ぎても着金しない

この点に関しては、規定日数はあくまでも目安になりますので、多少過ぎることもあります。
エコペイズとしてもリソースには限度がありますので、例えば出金申請が多い時には出金に時間がかかってしまいます。

そのため、多少過ぎてしまうことがあっても仕方ない部分ですが、あまりにも遅いと感じる場合にはサポートから問い合わせてみましょう。 

サポートに問い合わせることで、現在どのような状況となっているのかを把握できるかもしれません。

また、着金日数は使用する銀行口座によっても変わることが確認されています。
国内で認可を受けている銀行ではあっても、とある銀行ではスピーディーに着金されたものの、異なる銀行ではなかなか着金しなかった。

このようなケースも確認されています。

出金限度額

最低出金額は高速現地送金、国際送金ともに612円。

最高出金額は高速現地送金で171万円ほど、国際送金で100万円との調査結果があります。

この点やユーロの相場によっても変わる部分ではありますが、一つの参考として覚えておくとよいでしょう。

オペレーターによる拒否

エコペイズから出金を申請すると、「オペレーターによる拒否」と表示され、出金できないケースも確認されています。

初めての出金ではなく、それまで何度も出金していたものの急にこのように表示され、出金できないケースもあるようですが、この場合はもう一度出金手続きを行えば、出金できるようです。

出金申請した際、エコペイズ側で何らかのトラブルが起きていた可能性があるようなので、再度出金申請してみましょう。

もしもですが、再度出金申請したものの出金できない場合にはエラー、あるいは何らかの理由があるかもしれませんので、サポートに問い合わせてみるとよいでしょう。

質問ばかりくる

出金申請したものの出金できず、かつなぜか質問ばかり来るケースもあるようです。

これは、エコペイズ側が利用者に対して何らかの疑いの目を持っている可能性があることを意味しています。エコペイズはイギリスのFCAから認可を受けている業者です。

怪しい利用者に対しては何か起きてからではなく、起きる前の段階でアプローチします。
そのため、質問ばかりが寄せられるのは、疑っていると共に質問にて疑惑が晴れれば出金に応じることを意味していますので、質問に正しく答えましょう。

質問に答え、エコペイズ側の疑念を払しょくすることができれば、その後出金が可能になります。

ライブゲームを楽しく健全にプレイするには

今多くの人たちから楽しまれているオンラインカジノですが、その中でも注目を集めているのが、ライブゲームです。

ライブゲームは、海外で行われているポーカーやルーレットといったカジノでも定番のゲームをネットによって生配信することで、どんな場所に居てもカジノゲームを楽しめるという形式のオンラインカジノで、ハマッてしまう人が続出しています。

オンラインカジノ、特にライブゲームは既存のギャンブルと比較すると、気軽に楽しめるが故に日常生活と直結しやすい面があり、何かと注意が必要です。
そこで今回は、どのようにすればライブゲームを正しく健全にプレイすることが出来るのかという点を、皆様にお教えしていこうと思います。

熱中しすぎない

熱中しすぎない
まず始めに大切なのが、熱中しすぎないことを心がけるという点です。
どんなギャンブルでも同じことが言えるのですが、とりわけライブゲームは熱くなりやすい傾向にあるため一層注意が必要なのです。

どういうことかといいますと、例えばポーカーでは本物ディーラーがカードを配り、それで役をそろえていきます。
相手がコンピューターであればそこまで熱くはならないのですが、人間が相手となると負けたときの悔しさはかなり大きく感じてしまうものです。

さらに、そのプレイの様子は他のプレイヤーも視聴することが出来るため、負けて引いてしまうとなんとなく恥ずかしく感じてしまいます。

そういったこともあり、熱中しすぎてしまうズブズブと沼にはまってしまうというわけです。
そうならないためにも、負けが込んでいると感じたらいったん引いて、冷静になることを心がけなければなりません。

それが出来ないと、悲惨な思いをすることになります。

上限を定めて楽しむ

しかし熱中しすぎてしまうのを防ぐといっても、自身の感情によるところが大きいためそれをコントロールするのは少し難しいです。

そのため、最初からルールを設けて楽しむ事をおすすめします。
もっとも単純なのが、プレイする際の上限額をあらかじめ決めておくということです。

そうすることで、万が一負けが込みそうであったとしても上限に到達していれば「自分のルールに従う」という選択肢が生まれるため冷静になることが出来ます。

もちろん、それとは違う選択をしてしまう可能性もありますが、そもそもルールを設けていなければその選択肢すら生まれることは無いのです。

そういった選択肢が頭をよぎるような状況があれば、いったん冷静になることが出来ます。
ですので、必ず自分自身のルールを設けてプレイしましょう。
上限を定めて楽しむ

ネット環境に注意が必要

そしてある意味で最も厄介なのが、ネット環境についてです。
ライブゲームは先述のように生配信ですので、データ通信の容量をかなり喰います。

ですので、例えばスマートフォンで楽しむ際にwi-fiを利用していないと、月末にかなり苦労する事になります。
また、例えばマンションにある無料wi-fiをつかったとしても、使いすぎると管理人から注意の手紙が届いてしまうので注意が必要です。

既存のオンラインカジノはテレビゲームのような画面でプレイするものが多く、またその映像もチープなものが少なくなかったためデータ容量を圧迫するということはあまり無かったのですが、やはりライブゲームのように生配信となると、そうもいえません。

そのため、プレイする際にはデータ通信の容量に注意してプレイすることをおすすめします。

例えば、外出時のファストフード店やコンビニにある無料wi-fiを利用するのもいいかもしれません。
長居すると迷惑に思われるかもしれませんが、それゆえに時間を決めてプレイすることになるので熱中対策にも良いといえます。

依存症に注意

依存症に注意
ライブゲームは、どこに居てもプレイできるという気軽さがあります。
その一方で、それゆえに日常生活と結びつきやすくギャンブル依存症に陥ってしまうという可能性も秘めています。

自宅で簡単に出来てしまう分、パチンコや競馬といった既存のギャンブル異常にその点は注意しなければなりません。
ですので、依存症に陥らないためにも「熱中しすぎない」事をきちんと心がけてプレイする必要があるのです。

健全にプレイすれば問題なし

ライブゲームは、今後も大きく発展していくオンラインカジノの新たなジャンルです。
そのため、これから多くの人がライブゲームを楽しむようになってくるでしょう。
しかし、節度をまもらずギャンブル依存症に陥る人が増えてしまうと規制の対象になる可能性が、おおいにあります。

特に日本は、すでにパチンコや競馬、スポーツくじといった既存のギャンブルが業界を掌握しているので、それらの業界団体が政府に圧力をかけて規制されてしまうという道筋は容易に想像できます。

そうならないためにも、プレイヤーの一人一人がきちんと節度を護り、熱中しすぎない程度にプレイする必要があります。
そうすることで、今後もライブゲームを楽しむことができるのです。

カジ旅で遊んでいるユーザーの悪い評判に対して補足説明してみた

日本でトップクラスの人気を誇るオンラインカジノのカジ旅ですが、実際に遊んでいるユーザーからいくつかの悪い評判を見掛けることがあります。

どれだけ人気の高いオンラインカジノでも悪い評判は少なからずあるものですが、その多くがユーザーの勘違いであるケースがほとんどです。

特にイカサマに関する悪い評判は多いですが、カジ旅はライセンスを所持する合法のオンラインカジノですので、イカサマは絶対にありえません。

では他にどんな悪い評判があるのでしょうか?
そこで今回の記事では、実際にカジ旅で遊んでいるユーザーの悪い評判に対して補足説明してみたと題し、悪い評判をご紹介いたします。

出金条件があまりにも厳し過ぎる

出金条件があまりにも厳し過ぎる
「ボーナスをもらっても出金条件が厳しくて出金できる気がしない」「カジ旅の運営はボーナスを出金させる気は無いらしい」など、カジ旅の出金条件に関する悪い評判を見掛けました。

出金条件とは、カジ旅から出金するための一定ルールのことで、実際に入金したお金に対しては「入金額の等倍ベット」、ボーナスは「ボーナス額の20倍ベット」と条件が決められています。

初めてオンラインカジノで遊ぶユーザーにとって、このボーナスの出金条件が厳しすぎると感じるかもしれません。
しかしカジ旅の20倍という出金条件は、他のオンラインカジノよりも圧倒的に低く、中には50倍以上に設定しているサイトもあるほどです。

つまりカジ旅の出金条件は決して厳しくは無く、逆に緩いということがわかります。

RPGの要素がおまけ程度

RPGの要素がおまけ程度
「カジ旅の醍醐味であるRPGって単なるおまけ程度のシステム」「RPGなんて余計なシステムは不要!」など、カジ旅のRPG要素に対して悪い評判が見受けられます。

カジ旅はオンラインカジノで唯一RPGの要素を組み込み、いくつかのフィールドを舞台にアバターがボスに挑んでいくゲーム性を持っています。
しかし、このシステムはただ遊び心を追加した補助的なゲームでは無く、カジ旅でのギャンブルを有利に進めるためにとても重要なのです。

ボス戦に勝利することでルビーがもらえ、カジ旅のサイト内にあるルビーショップにて様々な景品と交換することができます。
特におすすめの景品が「出金条件の無いフリースピン」で、指定のスロットを無料で回せ、稼いだクレジットはすぐに出金可能です。

カジ旅のRPGは決しておまけ程度ではなく、正真正銘ゲームを有利にするための重要なシステムなのです。

出金時に手数料がかかる

「最近では出金手数料無料のオンラインカジノが当たり前なのにカジ旅は有料」「出金手数料が無駄過ぎる」など、カジ旅の出金手数料に関する悪い評判があります。

確かにカジ旅では出金手数料がかかりますが、使い方によっては無料で出金可能です。
カジ旅で出金手数料が必要なのは、1週間以内に3回目以降の出金をした場合に限ったことで、2回目までは完全無料です。

1週間で3回目からは出金額の3%が手数料として徴収されてしまいますので、ご注意ください。
少しでも無駄な損失を発生させないためにも、出金は必要最低限にしておき、基本的にはカジ旅のアカウントへ残しておくようにしましょう。

ペイアウト率通りに出なくてイカサマしている

ペイアウト率通りに出なくてイカサマしている
「カジ旅って絶対イカサマしている!」「全然ペイアウト率通りに出なく、負け続けている」など、カジ旅のイカサマを疑う悪い評判があります。

最初に言っておきますが、カジ旅では絶対にイカサマしていません。
もしカジ旅がイカサマをした場合、莫大な時間と費用を投資したライセンスが即座に剥奪されてしまい、当局による摘発が行われます。

そんなリスクを背負ってまで、カジ旅がイカサマするわけが無いのです。
またカジ旅で遊べるゲームは、ソフトウェアメーカーから配信権利を購入しているため、イカサマをしたくてもできません。

さらに、RNGという乱数発生装置によってゲームの抽選が行われていますので、人の手によってゲーム結果を操作することも不可能なのです。

このことからカジ旅にイカサマは皆無で、そもそもイカサマができない仕組みが確立しているのです。

まとめ

今回は、実際にカジ旅で遊んでいるユーザーの悪い評判に対して補足説明してみたと題し、カジ旅の悪い評判に対して解説いたしました。

確かに悪い評判は一部で見られましたが、結局の所、ユーザーの勘違いであったり、間違った知識であるケースがほとんどです。

カジ旅の出金条件は決して厳しくなく逆に緩い方ですし、RPGの要素が決しておまけ程度ではありません。

ギャンブルを有利に進められる様々なアイテムゲットのチャンスがあります。
また、出金手数料は1週間で2回目まででしたら無料ですし、カジ旅にイカサマしている事実は一切ありません。

数多くあるオンラインカジノの中でも、カジ旅の信頼性はトップクラスです。

どのオンラインカジノで遊ぼうか迷っている方は、まずはカジ旅で遊んでみてはいかがでしょうか?

インターネット上にはたくさんの悪質なオンラインカジノがありますので十分にご注意ください。

ネットカジノで遊ぶとプレイヤーは違法性を問われるのか解説

日本では公営ギャンブル以外の賭博は原則認められていないので、本物のお金を賭けるネットカジノは違法性があるのでは?と疑問に思う方もあるかもしれません。
しかし日本ではカジノ法案が成立し、国内におけるIR誘致に向けた動きが加速しており、カジノが解禁されるとの見方もありますが、それは別の話のようです。

依然としてカジノのようなギャンブル施設は国内では違反であり、店舗でお金を賭けるような営業形態があれば賭博罪に抵触し摘発の対象となります。

ここではネットカジノで遊ぶとプレイヤーは本当に違法性を問われるのか解説を解説していくので、ぜひ参考にしてください。
どのような状況でネットカジノを遊ぶと違法になのるかを知っておきましょう。

賭博罪はネットカジノを想定していない

賭博罪はネットカジノを想定していない
賭博罪というのは100年以上も前に成立した法律で、当時ギャンブルで人気のあった花札や麻雀などの規制のために作られました。
ですから、現代の事情に合わせて細かい改訂を繰り返していますが、当時想定されていないインターネットを使ったネットカジノへの対応は遅れており、違法かどうかの定義もあやふやなままとなっているのです。

今のところ自分のアカウントでパソコンなで遊ぶだけなら、違法性を問われることはないので安心してください。
大手のネットカジノなら日本人の利用者も多くて安全です。

違法でも合法でもないグレーゾーン

ネットカジノは賭博罪の規制対象になっていませんが、逆に合法であると定義する法律もありません。
ネットカジノの存在は法律上では曖昧な解釈となっており、合法でも違法でもないという状況が続いています。

いわゆるグレーゾーンという立場にあり、とりあえず合法で海外拠点のネットカジノを遊ぶだけなら違法性を問われないというところで落ち着いています。

しかし今後、ネットカジノに関する法整備行われ、何らかの変化が起きる可能性もあるということです。

立場によって異なるネットカジノの法的見解

立場によって異なるネットカジノの法的見解
賭博罪はネットカジノに適用されないと言っても、あくまでグレーゾーンであるため現場の認識には相違が生じています。
警察はこれまでもネットカジノ関連の摘発を何度か行っており「ネットカジノの違法性は立件可能性」という立場ですが、法律の専門は「違法性は確認できない」という感じで見解が別れています。

とはいえ警察の主張に無理があるのも確かで、過去に摘発されたネットカジノプレイヤーが略式起訴に納得せずに法廷で争った結果、不起訴処分となり事実上の無罪となったケースがあるのです。

つまり警察が主張する違法性は。立件には根拠が薄いというとこになります。 
摘発したとしても法廷で争えば事実上に無罪になるのですから、違法性はないということです。

つまりネットカジノに関しては、日本人が海外に言ってカジノで遊んでも摘発されないのと同じで、海外で運用されていれば日本で遊んでも違法性は問われないという法的解釈で落ち着いています。

インカジ店のネットカジノは違法

ネットカジノを個人的に遊ぶだけなら違法性が問われないことは分かっていただけたと思いますが、違う状況で遊んだ場合に摘発の対象になる可能性があるので注意が必要です。

例えば、客からお金を取ってパソコンでネットカジノを遊ばせる業態のインカジ店は完全に違法となります。
もし摘発があればインカジ店の運用者だけでなく、客も違法性を問われて逮捕される可能性もあるのです。

ネットカジノはあくまでも個人で遊ぶものであり、このように商売に利用して店内でお金をやり取りすれば、さすがに警察も黙ってはいません。
以前は目立たずにビルの一室で営業していたインカジ店ですが、最近ではネットカフェのような装いで派手に営業している店舗あり、間違って利用しないよう注意が必要です。

インカジ店ではネットカジノに登録することなく、すぐに遊べるのが利点となっていますが、完全に違法なので利用は避けましょう。

ネットカジノが違法になる可能性は?

ネットカジノが違法になる可能性は?
日本ではカジノ法案が成立したことで、同じギャンブルであるネットカジノに関しても、何らかの法的な動きがあるという憶測も出ています。

日本国内でカジノが解禁されれば、ネットカジノは邪魔者扱いされて禁止されるという考えもあるようです。
しかし実際問題として海外を拠点とするネットカジノに規制をかけることは非常に困難であり、法的にも難しいとの見解もあります。

これだけ日本国内で普及しているネットカジノを急に禁止にすれば、利用者からの大きな反発も免れないでしょう。
つまり今の段階では、ネットカジノが禁止され違法性を問われるような可能性は極めて低いということです。

まとめ

ネットカジノで遊ぶとプレイヤーは本当に違法性を問われるのか解説してきましたが、参考になったでしょうか?
現状では海外を拠点とする大手のネットカジノなら、日本から利用しても違法性を問われることはありません。

しかしネットカジノをパソコンで遊ばせる店舗型のインカジ店などは、賭博罪に抵触するので絶対に利用しないでください。
ネットカジノを利用するときは、自分のアカウントを使ってパソコンやスマホなどで個人的に遊ぶようにしましょう。

オンライン決済サービスiWalletとは?特徴や入出金の方法

iWalletの特徴・メリット

iWalletの特徴・メリット
iWallet(アイウォレット)は2013年に現在Benedo LLCというジョージアにある会社で運営されており、アジアを中心に世界中で利用されています。
そのため、日本語にも対応しており、英語が苦手な方でも簡単に利用できます。
さらに12通貨(JPY、USD、EUR、GBP、SGD、HKD、CNY、IDR、PHP、MYR、THB、VND )にも対応しており、即座にお持ちの日本円を外貨に両替して海外のオンラインカジノで利用することが可能です。

他にもオンラインカジノの資金を一括で管理できたり、「ユニオンペイ」と呼ばれるクレジットカードを使って直接ATMから出金することができたりします。
また口座開設に一切費用が掛からないのもメリットの一つです。

・iWalletの安全性について
iWalletのプラットフォームは、業界標準のSSL暗号化技術と最先端のファイアウォールシステムを採用し、不正アクセスの防止、データ盗難から完全に保護する対策を行なっています。

またiWalletの公式ホームページにて運営会社の名前、住所などの企業情報も明記してあったため、運営会社が悪徳な企業であると考えづらいです。

・iWalletの入送金について
iWalletは利用者とオンラインカジノの金のやり取りを結ぶものです。
金の流れとしてはiWalletに入金→iWalletからオンラインカジノへ入金→オンラインカジノからiWalletに出金→iWalletから銀行口座に出金となっています。

金の大まかな流れは大体理解できると思いますが、実際どのようにiWalletに入金したり、iWalletに入っている金を出金したりするのでしょうか。
ここからはiWalletの入金方法、送金方法を紹介します。

入金方法

入金方法
その1.国際送金
iWalletの運営会社の指定口座に入金します。
その後、運営会社が資金を受け取ったら(通常3~5日ほどかかります。)
すぐに(受け取った日から1営業日以内)iWallet口座に反映されます。
ただし銀行のお振込手数料、中継手数料などは利用者が支払うことになっています。

その2.国内送金
iWalletの運営会社が準備する銀行口座や送金代行業者に振込します。
振込後すぐに(振込当日もしくはその翌日)運営会社が資金を受け取ります。
その後(受け取った日から3~5営業日以内)、iWallet口座に反映されます。
ただし銀行のお振込手数料、送金代行業者手数料は利用者が支払うことになっています。

その3.バウチャー
バウチャーとはiWalletが発行している一回使いきりのプリペイドカードのようなものです。
金額を決めて振込先に入金後、iWalletのアカウントに入金されます。
また執筆時の2021年現在は利用できません。

送金方法

iWallet口座にログインして、カンタン操作で指定銀行やiWallet Cardへ出金する事ができます。
iWallet Cardにチャージした残高は、世界各国のMasterCard加盟店でのショッピングやお食事、世界各国のMasterCard対応ATMで、現地通貨を出金する事ができます。
(ただし、カードのチャージ上限額は1回につき5000ドルまで/残高上限額は10000ドルまで)

iWalletを利用する上での注意点

iWalletを利用する上での注意点としては、まずすべてのオンラインカジノに対応していないというところです。
以前は多くのオンラインカジノで対応していましたが、2020年のシステムメンテナンス期間中で利用できなくなってしまったことが原因で減ってしまいました。

ですが、今後再び対応するオンラインカジノや新たに対応するオンラインカジノが出てくる可能性はあります。
(なお執筆時の2021年現在、対応しているオンラインカジノはカジノシークレット、ラッキーニッキーなど)

また一定期間(90日間)使用しない場合、その口座は「休眠口座」となり口座が凍結されます。
さらに180日間使用しなかった場合、休眠口座管理手数料として毎年20ドルが引き落とされます。
ですから長期間使用予定がない場合は注意が必要です。

手数料について

手数料について
iWalletの入出金のところでも触れましたが、入出金をする際に利用者は手数料を払わなければなりません。
個人アカウントの場合、銀行からiWallet口座への送金に関する手数料は無料なのですが、銀行送金には手数料として送額金の0.5%(最小35ドル)取られてしまいます。

iWalletCardにチャージする場合にも手数料として5ドル取られます。
また先ほど述べたように、休眠口座管理手数料として毎年20ドル、口座を閉じる際にかかる口座閉鎖手数料として5ドル取られてしまいます。

まとめ

iWalletは安全性、利便性にとても優れていますが、その一方で対応しているオンラインカジノが少ないことや手数料を多くとられてしまうなどのデメリットもあります。
実際iWalletのようなツールは他にも多く存在しています。
(エコペイズなど)ただiWalletが良い、悪いと判断するのではなくiWalletを他のツールと比較して自分に合ったツールとして選べばいいでしょう。

マーチンゲール法と正反対の逆マーチンゲール法とは

マーチンゲール法は「受け」の攻略法ですが、それとは全く逆の「攻め」の攻略法が逆マーチンゲール法です。
逆マーチンゲール法は別名パーレー法とも呼ばれており、世界的にも有名な攻略法です。
このような攻略法はオンラインカジノのようなギャンブルだけではなく、投資の世界でも広く知られており、一部の投資家が積極的に使っています。

オンラインカジノでの効果も非常に高いため、大きく勝ちたい方に逆マーチンゲール法はとってもおすすめです。
そこで今回の記事では、マーチンゲール法とは全く正反対のことをする逆マーチンゲール法とはどんな攻略法なのかを詳しく解説していきます。

普通のマーチンゲール法と比べてどんな違いがあるのかを知っておきましょう。

受けのマーチンゲール法

受けのマーチンゲール法
逆マーチンゲール法とは何なのかを知る前に、まずはマーチンゲール法について解説します。
マーチンゲール法とは、的中率約50%で2倍の配当を得られるギャンブルに有効な攻略法で、オンラインカジノではバカラやブラックジャック、ルーレットなどが対象です。

やり方は非常にシンプルで、負けたら次のゲームで倍賭けを繰り返し、途中で一度でも的中した時点で勝利が確定する攻略法です。
例えば1ドルからマーチンゲール法を始めた場合、勝てば1ドルの利益となり、負けたら2ドルをベット、次は4ドル、そして8ドルと倍々に増やしていきます。

ゲーム数に関係なく、勝てば1ドルの利益が確定します。
このマーチンゲール法のデメリットは、どれだけ頑張って資金を上乗せしても最初にベットした金額分しか利益にならないことです。

攻めの逆マーチンゲール法

攻めの逆マーチンゲール法
マーチンゲール法のデメリットを完全に払拭したのが逆マーチンゲール法で、その名の通り、マーチンゲール法と全く逆のことをする攻略法です。
マーチンゲール法は「負けたら倍賭け」でしたが、逆マーチンゲール法は「勝ったら倍賭け」となり、連勝すればするほど利益がどんどん大きくなります。

また負けたとしても損失金額は最初にベットした金額分のみですので、最低限のリスクのみで実践可能です。

例えば同じように1ドルを最初にベットした場合、負けたら1ドルの損失で、勝てば2ドルベット(勝てば3ドルの利益)、また待てば4ドルベット(勝てば7ドルの利益)、次に8ドル(+15ドル)、16ドル(+31ドル)のように、利益が拡大していきます。

どのタイミングで負けても1ドルのみとなり、一度リセットし最初からやり直しします。

勝ち逃げ金額を決めておこう

連勝で利益が増え、負けても損失が少ない逆マーチンゲール法ですが、もちろんデメリットもあります。
ここまで読んでピンっと来たかもしれませんが、「どこまで連勝したら逆マーチンゲール法が成功となるのか?」ということです。

マーチンゲール法でしたら一度勝つだけで成功となりますが、逆マーチンゲール法にはその概念がありません。
だからこそ大切なのは、勝ち逃げ金額や最大連勝数を決めておくことです。

例えば「100ドルの大台に乗った時点でリセット」「5連勝した時点でリセット」などのように、具体的な数字を決めておきましょう。

これを決めておかなければ、せっかくの連勝によって稼いだお金が水の泡になってしまいます。

マーチンゲール法と逆マーチンゲール法を組み合わせる

マーチンゲール法と逆マーチンゲール法を組み合わせる
マーチンゲール法と逆マーチンゲール法を組み合わせることにより、ある意味最強の攻略法が完成します。
つまり逆マーチンゲール法で思いっきり稼いで、失敗した分をマーチンゲール法で回収するというハイブリッド的な攻略法です。
やり方もとっても簡単で、まずは逆マーチンゲール法を実践し、途中で失敗してしまった場合には、その資金を回収するためにマーチンゲール法に変更します。

マーチンゲール法で回収が成功した次のゲームでは再び逆マーチンゲール法を実践します。
この繰り返しによって資金を一切減らすこと無く一発逆転の大きな利益を出すことができるようになります。
メモを取りながら実践する上級者向けの難しい攻略法ではありませんので、オンラインカジノ初心者の方でも特に迷うこと無く実践可能です。

まとめ

今回は、マーチンゲール法と全く正反対のことをする逆マーチンゲール法とはと題し、逆マーチンゲール法について詳しくご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

マーチンゲール法はコツコツと少しの利益を積み重ねていく受けの攻略法ですが、逆マーチンゲール法は一気に大きな利益を生み出す攻めの攻略法です。
どちらの攻略法にもメリット・デメリットがありますが、いいとこ取りしたのが「マーチンゲール法×逆マーチンゲール法」です。

逆マーチンゲール法で攻めて負けてしまったとしてもマーチンゲール法で回収し、再び逆マーチンゲール法で攻める… まさに理想的な攻略法と言えるでしょう。
マーチンゲール法も逆マーチンゲール法も、また「マーチンゲール法×逆マーチンゲール法」も、全て配当2倍のゲームにのみ効果を得られる攻略法です。
オンラインカジノで常勝を目指すために、是非とも実践してみてください。

オンラインカジノでシミュレーションを体験してみよう

自宅でスマートフォンから気軽にスロットが楽しめる。
しかも、スロット店のスロットと同じように利益を出せる可能性が高い。
巣ごもり需要とオンラインカジノは非常に相性がよくユーザーが増加する一方になっています。

まずはシミュレーションを体験してみる
まずはシミュレーションを体験してみる
オンラインカジノの登録を済ませてログインし、スロットをどれにするか決める際に便利なのが「デモシミュレーション(無料版)」になります。
実際のオンラインカジノのスロットのデモ機をプレイするのと同じなので、掛け金を使わずに体験できる部分がメリットになります。
オンラインカジノによっては登録不要で遊べるところもあります。

シミュレーションでわかること

シミュレーションで体験できるのはリールの動きはもちろんですがオンラインと手元の動きのタイミングをそろえやすくなります。
ベットしている場合はここでミスしてしまうと掛け金が消えてしまいますがシミュレーションであればベットなしなので安全な状態でスロットの調子や癖などを自分で体験して納得して機種を選ぶことができます。
ベットした際の仮あたりの計算などもできるので、スロットをプレイしている人の多くがこのシミュレーションでまずプレイしています。

シミュレーションは本当にお金がかからないの?

シミュレーションは実機と同じスロットをプレイできますが、ベットすることができないので掛け金自体が発生しません。
また入金した現金や初回ボーナスなどからの徴収なども一切ないのでプレイする際の不安は持たなくて問題はないと言えます。

シミュレーションの後にしたいこと

シミュレーションでスロットの癖などを把握した後には、できれば複数のオンラインカジノで同じようにシミュレーションでプレイすることがお勧めになります。
これは3つほどのオンラインカジノを体験することでいわゆるホームカジノができることや、お得なキャンペーンなどを逃がさないようになることにもつながるからです。
この複数のカジノ体験は当日でなくとも問題はありません。
当日限定のボーナスなどもあるので、時間に余裕のある時にホーム。サブという形を作れるように回ってみてからどこをホームカジノにするのかを決めていくと焦らずに自分に合ったオンラインカジノを作りやすくなります。

実際に入金してみる

実際に入金してみる
主なオンラインカジノへの入金は
・銀行振り込み
・クレジット決済
・電子決済
・ビットコイン(仮想通貨)
などになります。

・銀行振り込み

これはオンラインカジノの指定する銀行口座に直接入金するものになります。いわゆる事前入金になり、予算に合わせて入金できる部分がメリットです。
営業時間内であれば反映が早いこともありますが翌営業~3営業日反映などもあるので時間に余裕をもって入金していきたい部分があります。

・クジレット決済

クレジット決済は最もメジャーな決済方法です。
VISAカードなどであれば反映も早く、大当たりを逃がさずにプレイしたい場合にはクレジットで入金する人も多いかと思います。
ですが、マスターカードなどの入金の場合には反映が遅れたりすることや、JCBjカードなどは使用できないオンラインカジノなども多くクレジットカードの種類を吟味する必要が出てきます。
即座の入金ができるので使い過ぎに気を付けていくことも大事になります。

・ビットコイン

仮想通貨などの取引をしている人であれば仮想通貨での入金も可能です。
仮想通貨の入金は最も早い反映速度になるので取引でなれているひとであれば仮想通貨を使っていくのがベストになります。
手数料なども無料なのもメリットの一つです。

・電子決済

電子決済はオンラインカジノ、オンラインスロットをプレイするならば導入していきたいシステムです。
入金時はもちろんですが出金の際にも電子決済を仲介にして出金し、口座に出金という流れを作ることになります。
入金の場合には直接入金ではなく、電子決済の指定する国内の代理口座に入金し反映を待つ形になります。
内部にチャージした状態を作るまでは1時間~翌営業日の反映が多いです。
チャージが完了すればオンラインスロットやオンラインカジノへの入金はほぼ即時の反映になり、入金時の手数料もかかりません。

どの入金方法がいいの?

どの入金方法がいいの?
おすすめの入金方法は電子決済になります。
内部にチャージしておけば即時の反映になり、使い過ぎ防止にもなります。
複数のオンラインカジノへの入金、出金の手数料も無料であり内部にサブカジノの売り上げを出金しておき、メインカジノへの入金も問題なく行えます。
クレジットは1回ごとの手数料がかかるので普段は電子決済をメインで利用し、どうしてもたりないときだけクレジットを使っているという人が大部分でもあります。

電子決済は入金回数が1日何回でも手数料がかからないので先にチャージしておき、小出しに使える部分などもメリットの一つです。
クジレットは併用しても、いざというときのもと考えておくといいかもしれません。

オンラインカジノの方が公営ギャンブルよりも圧倒的に稼げる

激しいレースの臨場感を満喫できる競馬や競艇、オートレースなどの公営ギャンブルには独特の魅力がありますが、ギャンブルで稼ぐという観点で見ると、ちょっと物足りないところがあるのも事実です。
これらの公営ギャンブルには長い歴史があり、過去のデータに現在の状況の分析も加えレースを予測するという楽しみ方があるのも事実ですが、これだけ手間をかけてもマイナス収支の方が多いのも事実です。

もし他にもっとシンプルに勝負して稼げるギャンブルを探している方がいたら、オンラインカジノがおすすめです。
ここでは、オンラインカジノの方が公営ギャンブルよるも圧倒的に稼げる理由を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

圧倒的に高いペイアウト率

圧倒的に高いペイアウト率
ペイアウト率(還元率)とは投資した金額のうち、どのくらいがプレイヤーに払い戻されるのかを示すギャンブル用語です。
公営ギャンブルに関しては、宝くじは約40%くらいで、競馬や競艇、競輪、オートレースなどは約75%と言われています。
仮に競馬で10,000円を賭けた場合ですが、このペイアウト率か計算すると7,500円ほどが戻ってくる計算となり、残りは運営である国や地方公共団体の収益となります。

一方オンラインカジノはペイアウト率が95%~99%となっており、最低の数値ですら公営ギャンブル大きく上回っています。
単純にギャンブルとして考えると、オンラインカジノのほうが圧倒的に勝ちやすく、公営ギャンブルのほうは、ペイアウト率が低くて、勝ち越すことは難しいことが分かります。

このようにオンラインカジノは、日本のどの公営ギャンブルよりも稼げることがお分かり頂けたと思います。

効果的な攻略法が使える

効果的な攻略法が使える
公営ギャンブルにも独特の攻略法がありますが、どれもあまり具体的な効果的があるとは言えません。
特に競馬や競艇などの「予想屋」は参考になるかもしれませんが、あおくまでも予測なので、絶対に効果を発揮するとは言えません。

また公営ギャンブルに関しては、自分で予測するのが楽しさの一部となっているので、予測屋を使っては本末転倒と言えます。
一方オンラインカジノの場合は、より実践的な攻略法が多くあり、これをマスターすることで、確実に勝率を上げることが可能です。
テーブルゲームのブラックジャックやバカラは、長年の歴史で培われたカードカウンティングという攻略法が、オンラインカジノで使用可能で、その効果は数学者にも証明されているほどです。

このカードカウンティングという攻略法は、本場ラスベガスなどのランドカジノでは禁止されているほど効果の高い攻略法となっています。
しかし遠隔でプレイするオンラインカジノで監視されるはずもなく、メモを見ながらじっくりと攻略法を試すことができます。

お得なボーナスを使って無料で稼げる

多くのオンラインカジノでは、新規登録したときにボーナス特典が用意されていて、無料でゲームを遊ぶことができます。
新規登録以外にも、初回入金時やプロモーションのときなどにもボーナスを受け取ることができ、実際の入金したお金を使うのと同じようにゲーム内で賭けることが可能で、もちろん勝利金は出金することもできます。

一方、公営ギャンブルの場合は、厳しい法律に縛られ射幸心を煽るようなキャンペーンは不可能で、賭ける際は必ず自腹で行うことになります。
このようにオンラインカジノは、様々な特典やボーナスが満載で、自分のお金を節約しながら稼ぐ手段が豊富に用意されています。
ただしオンラインカジノのボーナスで稼いだ勝利金を出金するには、ある程度の条件があり、これをクリアする必要があります。

不正行為が皆無

不正行為が皆無
法律で認められている公営ギャンブルでも、競馬や競艇、競輪、オートレースなどで八百長と呼ばれる不正行為が世間を騒がせることがあります。
ニュースなどで報道されることもあり、仮に疑惑だったとしても100%信用するのは難しいところです。
人間が選手として出場する競技が多いので、実際にイカサマを完全に排除することが困難なのでしょう。

一方、オンラインカジノは、不正行為が不可能な仕組みが出来ており、誰かが介入してイカサマを行うことが出来ないようになっています。
その仕組みとは「第三者機関の監視」「ライセンスの剥奪リスク」「ゲームは別会社が開発」「乱数発生装置の導入」などとなっており、二重三重に透明性を確保しているのです。

しかしオンラインカジノの中には、このような決まりを守らない違法オンラインカジノも存在するので注意が必要です。
違法オンラインカジノは不正行為の温床なので、必ず名の知れた大手オンラインカジノを選ぶようにしましょう。

まとめ

オンラインカジノの方が公営ギャンブルよるも圧倒的に稼げる理由を解説してきましたが、参考になったでしょうか?
レースの予測は公営ギャンブルの醍醐味でもありますが、ギャンブルとして考えるとペイアウト率が低くて稼ぐことは困難です。
しかしオンラインカジノのペイアウト率は圧倒的に高く、有効な攻略法も多くあるなど戦略に幅があり、公営ギャンブルよりも稼ぐことが可能です。

さらにボーナス特典を活用すれば、お金を節約しながら勝利金をゲットすることもできます。
もし公営ギャンブルで行き詰っている方がいたら、ぜひオンラインカジノを試して見てください。

オンラインカジノのビデオポーカーの魅力や基本ルール

日本ではゲームセンターなどでよく見かけるビデオポーカーですが、実はオンラインカジノでも定番ゲームのひとつとして人気を集めています。
ランドカジノでお馴染みのテキサスホールデムポーカーが、日本でもポーカーブームに乗って注目を集めていますが、これは同じポーカーでもかなりルールが異なるゲームとなっています。

いきなりテキサスホールデムポーカーから始めるのは難しいので、まずはポーカーの基本ルールを抑えるため、手軽なビデオポーカーから始めることがおすすめです。
というわけでここでは、ポーカーの登竜門的となっているビデオポーカーの魅力な基本ルールなどについて解説していきたいと思います。
これからオンラインカジノでビデオポーカーを始めてみたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ビデオポーカーの魅力は自分のペースで遊べること

ビデオポーカーの魅力は自分のペースで遊べること
ほかのポーカーにはないビデオポーカーならではの魅力と言えるのが、自分1人で誰にも邪魔されずゲームに集中できることで、自分のペースで遊べるためルールの勉強も繰り返し行うことができます。
まだ慣れない段階で普通のポーカーのように、ディーラーやほかのプレイヤーと対峙すると、自分のペースが狂ってしまいどうしても緊張してしまうものです。

しかしビデオポーカーならば、余計なプレッシャーに左右されることなく、冷静に自分のペースで判断を下してプレイすることができます。
このような点からも、ポーカーで重要となる役の種類の勉強にもってこいのゲームとなっており、これが初心者にビデオポーカーをおすすめする理由です。
ほかのプレイヤーがいると、なんとなく緊張してしまう方や、とりえずポーカーのルールを把握した方などは、ビデオポーカーをお試しください。

ビデオポーカーのルールを理解しよう

ビデオポーカーのルールを理解しよう
一口にビデオポーカーと言っても、様々な開発メーカーからリリースされていますが、最近特に人気があるのが高いペイアウト率のJacks or Better(ジャックスオアベター)となっています。
ポーカーの基本的なルールをJacks or Betterで覚えてしまえば、別のビデオポーカーも簡単に遊ぶことが可能となるでしょう。

Jacks or Betterは一般のポーカーとは一部違う独自のルールがあり、2~10の数字でワンペアの役が成立しても配当はなく、配当が得られるのは「J」以上のワンペアの役が成立したときのみとなっています。

ゲームの流れ的には、最初に配布されたカード5枚から役に必要なものを選択し、不要なカードをチェンジしていくという感じとなります。
このようにJacks or Betterは、テキサスホールデムポーカーとはゲーム性が大きく違いますが、ポーカーの役に関しては同じなので、基本ルールさえ覚えてしまえば、ほかのポーカーにも応用することが可能です。

ビデオポーカーのゲームの流れを把握しよう

ビデオポーカーをプレイするに当たって最初に必要なのが、ベット額を設定することです。
ベット額の幅はビデオポーカーの種類によって変わってきますが、概ね5段階となっているゲームが多く、金額が高ければ勝ったときの見返りも大きいですが、負けたときのリスクも大きくなります。

ベット額を設定後してディールボタンを押すと、実際のゲームが開始されまずプレイヤーにカードが5枚配布されます。
次にプレイヤーすべきことは、配布されたカードの種類を確認し、どのカードが役作りに必要で、どれが不要なのかを見極めることです。

ここで必要と判断したカードをホールドしますが、1枚もホールドせずにすべて入れ替えることも可能で、逆にすでに役が成立していれば5枚全部をホールドしてもOKです。
そしてホールドされていないカードは、新しいカードと入れ替えられ、これを繰り返していく中で役を完成させていき配当をゲットします。

ビデオポーカーで勝つ為の重要な要素とは?

ビデオポーカーで勝つ為の重要な要素とは
オンラインカジノのビデオポーカーで配当を稼ぐ上で重要となってくるのが「ペイアウト率」と「ベーシックストラテジー」の2つの要素です。
ペイアウト率とはいわゆる還元率のことで、仮にペイアウト率95%のビデオポーカーがあったとして、100ドルをすべでベットした場合、プレイヤーに戻ってくるのが95ドルということです。

ペイアウト率は数値が高いほうがプレイヤーに有利となっており、いわゆる負けにくさに関わってきますので、できるだけ高い数値のゲームを選択するのがポイントです。
そしてビデオポーカーにおけるベーシックストラテジーとは、手札の中でホールドするカードと入れ替えるカードを、勘に頼らず一定の法則で決定する戦略のことです。

具体的には、「1枚でもJ以上のカードがあればホールド」「あと1枚でストレートが完成する場合は残りをすべてホールド」などです。
このようにビデオポーカーには、長い歴史に培われた定番と言える戦法があり、これをすべてマスターすることで、勝率を飛躍的に上げることが可能となります。

まとめ

ビデオポーカーの魅力やゲームの流れなど、初心者に必要な基礎知識に触れてきましたが、参考になったでしょうか?
オンラインカジノのゲームの中でもビデオポーカーは、不動の地位を確立している定番ゲームで、役さえ覚えればほかのポーカーにも応用できます。

一般的なポーカーと違ってディーラーやほかのプレイヤーに気が散ることもなく、じっくりと戦略を立てながら遊べるのがビデオポーカーのメリットです。
ポーカーの登竜門と言えるビデオポーカーで基本をマスターすれば、初心者の方でも、ほかのポーカーにチャレンジしやすくなります。