遊びやすいシンプルカジノ

ゲームの遊びやすさを追求するオンラインカジノ

ゲームの遊びやすさを追求するオンラインカジノ
2019年9月に開設されたシンプルカジノは、開設からまだそれほど日が経っていないにもかかわらず、日本人を中心に多くのプレイヤーに利用されています。
オンラインカジノ業界は大手に人気が集中しやすいので、できたばかりのオンラインカジノはなかなかプレイヤーを獲得することができません。

シンプルカジノが多くのプレイヤーを獲得できているのは運営会社がすでにいくつかのオンラインカジノを運営しているからです。
シンプルカジノはHeroGaming社という会社により運営されています。

このHeroGaming社は日本人プレイヤーから高い支持を受けているカジ旅の運営も行っています。
RPGの要素を加えたカジ旅はオンラインカジノ業界において革新的な存在となっていますが、シンプルカジノはそうしたカジ旅とは真逆を行くシンプルで簡単に遊べるということに重点をおいたオンラインカジノです。
シンプルカジノのサイトはわかりやすくシンプルに作られているので、すぐにゲームに辿り着けますし、知りたい情報も簡単に見つけ出すことができます。

こうしたわかりやすいサイト作りにより、サイト自体も軽くサクサクと移動することができますし、ゲームもブラウザゲームとなっているので、スペックが最新の端末でなくてもきれいで迫力のあるゲームを楽しむことができます。
また、動作の軽いブラウザゲームを採用していることにより、シンプルカジノはパソコンの他にもスマートフォン、タブレットからもゲームをプレイすることができます。

もちろんですが、スマートフォン、タブレットからのプレイもパソコンからのプレイと比べて劣る部分は一つもありません。
このようにシンプルカジノは簡単にゲームへアクセスすることができ、ゲームも軽く快適にプレイできるので、オンラインカジノのゲームを思う存分に楽しめます。

お得で簡単に出金できるリベートボーナス

お得で簡単に出金できるリベートボーナス
オンラインカジノのボーナスと聞くと初回入金ボーナスを思い浮かべる方も多いと思います。
初回入金ボーナスはオンラインカジノのボーナスの中でももらえる額が特別大きく、オンラインカジノによっては入金額の100%を最大で500ドルまで付与しているところもあります。
プレイヤーもこの初回入金ボーナスを目的としてオンラインカジノを選ぶことが多いので、各オンラインカジノはどれだけ魅力的な初回入金ボーナスを提供できるかどうかを考え、大きな費用を投じています。

シンプルカジノも開設直後はウェルカムボーナスの提供を行っていたのですが、数ヶ月後にはリベートボーナスへと切り替えています。
ウェルカムボーナスはプレイヤーにとってとても魅力的なボーナスでありながらもリベートボーナスへと切り替えたのは、もちろん新規プレイヤーを獲得するためです。
プレイヤーにとってウェルカムボーナスは大変嬉しいプロモーションですが、ボーナスとして得たキャッシュバックを出金するにはボーナス額の30倍程度をベットしなければいけません。

こうした出金条件は最低賭け条件と呼ばれていて、どこのオンラインカジノでも必ず定められている条件です。
この最低賭け条件がなければボーナス分だけを現金として引き出されてしまう場合があるので、ボーナス提供において最低賭け条件は必ずついて回ります。

ボーナス額の30倍というと、最大500ドル分をもらった場合、15000ドル分ベットしなければ出金することができません。
15000ドルというとかなりの高額なので、条件をクリアするには時間だけでなく資金にも余裕がなければいけません。

シンプルカジノのリベートボーナスは一週間のトータルベットの0.5%が一週間ごとにキャッシュバックされるというボーナスで、上限はなんと1000ドルとなっています。
ボーナス額の大きさもリベートボーナスの魅力なのですが、リベートボーナスは最低賭け条件が易しく、ボーナス額の1倍をベットするだけで出金が可能となります。

100ドルキャッシュバックされた100ドルを、500ドルキャッシュバックされたら500ドルをベットするだけで条件クリアとなるので、初回入金ボーナスと比べるとかなり出金しやすくなっています。
また、初回入金ボーナスの場合は初回入金時に限られますが、リベートボーナスの場合は初回入金時だけに限らず一週間ごとにずっとキャッシュバックを受け続けられますので、他のオンラインカジノよりもお得にプレイすることができます。

日本語サポートが準備されている

日本語サポートが準備されている
シンプルカジノは日本人プレイヤーを重宝しているので、サポートも日本語にて対応してもらうことが可能となっています。
その日本語でのサポートは、24時間受付可能なメールと16時から24時まで受け付けているライブチャットの2つが用意されています。

ライブチャットを使えば問題をその場で解決してもらえるので、利用できる時間内であればライブチャットを利用するよるとよいでしょう。
サポートの日本語による返信も自然な日本語なので内容の解釈に困ってしまうといったようなこともありません。

そして、こうした日本語サポートはサイト、ゲームの言語表示にも対応しているので、まるで日本国内のサービスであるかのように違和感を感じることなく利用することができます。
シンプルカジノは遊びやすさに加えて、このような安心できるサポートが用意されていることから、今後さらに人気のオンラインカジノとして成長していくでしょう。

オンラインカジノでの逮捕と事件を踏まえて紹介!

有名人が日本国内の店舗カジノをプレイして捕まった事例があることから、オンラインで楽しむオンラインカジノも違法と思われがちです。
しかし実際はオンラインカジノ自体をプレイしても逮捕されることはほぼありません。
今回、なぜ同じカジノでも逮捕されないのか、また逮捕された事例はどんなものなのかといったことを中心にお話します。
これを読めばどのような場合に逮捕されるのか知ることができるのではないでしょうか。
それではお話していきましょう。

結論を言えば個人のオンラインカジノの利用は基本的に合法

結論を言えば個人のオンラインカジノの利用は基本的に合法です。
そのため、プレイする分には逮捕されることはあまり考えられません。
その理由として、運営側がきちんとしたライセンスを持っているということ、規模の大きな企業は現地の上場企業であることが多いことが挙げられます。
それ以外にもインターネットで海外のサイトにアクセスしているため、アクセス先の法律で判断されることもその理由です。

まず運営側は多くの場合、ライセンスを持っています。
オンラインカジノの運営のサイトを見れば明らかです。
例えば、イギリスでライセンスを受けていたり、マルタ(地中海の島国)やキュラソー(カリブ海の島国)でライセンスを受けています。
イギリスは例外として、マルタやキュラソーなどの小さな国のライセンスに疑問を持つ方も少なくありません。
しかし、あくまで国家として認められていますから、国の大小関係なくしっかりとした効力を持っているのです。
これがライセンスを持っていないオンラインカジノだったとしたら、もしかしたら違法になることもあるでしょう。
しかし、一般的にプレイされているオンラインカジノは基本的にライセンスを保有していることが当たり前なのです。

オンラインカジノは個人が運営する小規模サイトではありません。
大きな金額が動くため、企業が運営を行っています。
しかもその企業が現地では上場企業であることも珍しくはないのです。
例えば、日本の証券取引所に上場するパチンコ関連の企業がオンラインカジノを運営しているという感覚です。
実際に日本ではカジノの運営は禁止されているのでこういったケースはありません。
しかし、海外ではこういったケースが見られるのです。

最後が解釈の問題です。
確かに日本でカジノを遊べば、逮捕されます。

結論を言えば個人のオンラインカジノの利用は基本的に合法

しかし、インターネットで海外のサイトへアクセスし、そこでカジノをプレイする場合、海外旅行先でカジノをプレイしたのと同じ解釈ができてしまうのです。
日本では違法でも、海外旅行でカジノをプレイしても日本の警察に逮捕されないように、オンラインカジノも同様にみなされています。

こういった理由から基本的には合法です。

オンラインカジノの利用で逮捕された事件がある

オンラインカジノは合法です。
しかし、逮捕された事例があります。
それは2016年に海外に運営元があるオンラインカジノを利用した日本国内在住の男性3名が賭博(単純賭博)の疑いで京都府警によって逮捕された事件です。
一見この事件の内容からオンラインカジノが違法と解釈されてもおかしくはありません。

しかしこれは事情があります。
その事情とはオンラインカジノの運営方針、参加者の行動の2つに問題があったことです。
オンラインカジノの運営方針がまず問題でした。
海外の利用者はほとんどなく、日本人ばかりを対象にしていたのです。
更に他の利用者の成績もわかるという親切なシステムも日本人ばかりプレイしていた証拠になりました。
こういった運営の場合、オンラインで海外の会社であっても日本での賭博行為とみなされるのです。

また参加者の行動も問題がありました。
顔出しでSNSにこの問題のあるカジノのプレイの様子をアップロードしてしまったのです。
オンラインカジノの利用で逮捕された事件がある
つまり、違法なオンラインカジノに参加しているという決定的な証拠を残してしまっていたことが逮捕された理由でした。

安全に楽しくオンラインカジノを楽しむには?

逮捕された事例から、オンラインカジノも接し方によっては逮捕されます。
そうならないように安全に楽しくオンラインカジノを楽しむ方法として、安全なオンラインカジノを選ぶこと、利益をむやみに公表しないことです。
安全なオンラインカジノを選ぶのには世界中の人々が参加するオンラインカジノを選ぶのがポイントと言えます。

例えば、ラッキーニッキー、ビットスターズ、ビットカジノ、チェリーカジノ、ベラジョンカジノといった知名度が高いカジノです。
これらを選んで楽しむのも重要と言えます。

また、利益をむやみに公表しないこともポイントです。
大手であっても法解釈が変わったり、経営で問題を起こしていきなり違法オンラインカジノとみなされるのは皆無ではありません。
そうなったとき、利益を顔出しで公表していたら、逮捕の対象になります。

このように安全に楽しく楽しむには、有名なオンラインカジノを選び、顔出しをしないということがポイントです。

オンラインカジノを楽しむには個人でスマホで楽しむのが一番です

今回紹介しませんでしたが、ネットカフェを利用してオンラインカジノをしていたり、あるいはオンラインカジノの成績で当選金を支払っていた店舗(いわゆるカジノカフェやオンカジ)が逮捕されている事例もあります。
こういった事例もあるのでパソコンで遊ぶ場合は、こういった店舗内ではなく自宅でプレイし、外出先ではスマホで行うのが合法的に楽しむポイントと言えるのではないでしょうか。
オンラインカジノを楽しむには個人でスマホで楽しむのが一番です

ネッテラーの日本市場撤退の理由を考察

ネッテラーの日本市場撤退の理由を考察

ネッテラーは、かつて日本のオンラインカジノプレイヤーの送金サービスを一手に担っていたと言っても過言ではない電子ウォレットサービスです。
今でこそオンラインカジノはスマートフォンからでも気軽に楽しめるコンテンツとなっています。
まだスマートフォン登場前、まだまだオンラインカジノが一部のインターネットユーザーだけのものであった時代、貴重な送金サービス可能な業者として、国内におけるオンラインカジノの普及に寄与したと言っても過言ではない業者なのですが、2016年9月、ネッテラーは日本市場から撤退しました。

その後、2018年の11月に再上陸するものの、オンラインカジノ事業には手を付けず、あくまでも送金サービス業者としてのものでした。
(ちなみに2020年再度撤退)
そんなネッテラーですが、実は撤退した理由が分かっていません。
様々な推測があるのですが、あくまでも推測であって、ネッテラーサイドから公に撤退理由が語られたことはありません。
そこで、なぜネッテラーが日本市場から撤退したのか、周辺事情からいくつか囁かれている理由を挙げてみました。

クレジットカード会社からの圧力

クレジットカード会社からの圧力

オンラインカジノユーザーの間では2つほど有力視されている撤退理由がありますが、その一つがこちらです。
電子ウォレットという事業は、それまでの旧態依然とした技術を駆使する会社にとっては「未知の業者」です。
新しい技術をひっさげ、それまで営業していた業者の「庭」を荒らすかのような存在です。
そこで、日本の信販会社・クレジットカード会社が圧力をかけたという説です。
もちろんあくまでも憶測ではありますが、信販会社やクレジットカード発行会社にとって、2016年はスマートフォン市場の拡大と共に、様々な産業がスマートフォンに集約され始めた時期です。
さらに、電子ウォレットとスマートフォンの相性は抜群です。
近年、国内でもようやくキャッシュレス決済が注目を集めるようになりましたが、ネッテラーはオンラインカジノ業者ではなく、電子ウォレット業者ということで、信販会社やクレジットカード会社にとっては「驚異の存在」であったことは容易に想像できます。
そして、日本の国内産業の構図を見ると分かるように、新規参入事業者に対して既存業者が圧力をかけることは珍しくありません。

例えば欧米で流行したUber。国内では「Uber Eats」として、飲食宅配斡旋業となりましたが、Uberは欧米ではタクシー手配のアプリでした。
そのままの形態で日本に上陸したらタクシー産業そのものが破壊されかねないということで、業界団体はUberに対して強烈な「NO」を突き付けました。
ただ単にUberに圧力をかけるだけではなく、行政等にも働きかけることで、Uberは本来のタクシー配車ではなく、飲食宅配者斡旋業に落ち着きました。
このように、「先駆者による圧力」によって日本市場撤退を余儀なくされたのではないかとの声は根強いです。

危険を察知しての撤退

危険を察知しての撤退

圧力説以上に根強い説として囁かれているのがこちらです。
オンラインカジノの法的解釈が不鮮明であった日本。
国内法に関して言えばギャンブルは公営ギャンブル(競馬・競艇、宝くじ)以外は明確に違法とされており、パチンコに関しては三点交換方式という、いわば脱法的な形によって営業されている状態です。
ではオンラインカジノはというと、そもそもオンラインカジノは国内の業者ではなく、海外の業者による営業です。
ましてや海外の業者がカジノが合法である海外のサーバーにて運営している以上、なんら法に問われるものではないのですが、日本の法律とのギャップにより、果たしてオンラインカジノは安全なのかという議論は常に囁かれていました。

そのような状況から、「もしかしたら」という危機を察知し、リスクヘッジとして日本から撤退したのではないかとの説もあります。
もしもですが、ネッテラー社に日本の警察当局から何らかのアクションがあれば、例え何ら問題ないとしても企業イメージに傷がついてしまいます。
ましてやネッテラーは電子ウォレット業者。
金銭を取り扱う業者である以上、信用・信頼はとても大切なので、イメージの悪化を恐れて撤退したのではないかとの説があります。
こちらももちろんあくまでも仮説ではありますが、日本国内ではその後特に動きがなく、ネッテラーに代わってアイウォレットやエコペイズが台頭した事実を踏まえると、ネッテラーの決断は「勇み足」といわざるを得ないものでした。

まとめ

2つの説について解説しました。
もちろん両論ともあくまでも仮説です。
日本市場撤退について、ネッテラーが正式にパブリックコメントを出したわけではないので状況等を踏まえての考察でしかありません。
しかし、皮肉なことにネッテラーが撤退して以降、スマートフォンの普及に比例するかのようにオンラインカジノは多くのユーザーを獲得し、人気コンテンツとして成長していったのです。

業界最古級という信頼性を誇るカジノ

老舗カジノ店を親会社に持つオンラインカジノ

チェリーカジノは2000年に誕生したオンラインカジノですが、親会社のCherry ABは1963年からカジノ店の運営をスタートし、拠点のあるスウェーデンでは誰もが知る有名カジノ運営会社として存在しています。

チェリーカジノはオンラインカジノを開設した2000年よりも前の1996年に、すでにオンラインゲーミング業界に参入しています。
このオンラインゲーミング業界への参入により、ソフトウェアの開発技術から安全性の確保まで、オンラインゲーミングに必要なスキルを手に入れることに成功し、そして2000年、実力と自信を持った状態でオンラインカジノ業界へと参入しました。

オンラインカジノ業界はチェリーカジノが誕生した2000年時から激戦が続いていますが、チェリーカジノはハイクオリティなゲームと、他を圧倒する豪華なボーナスなどのサービスを武器に激戦を潜り抜け、現在ではオンラインカジノ業界有数の大手オンラインカジノとしてその名を馳せています。

クオリティの高いゲームが豊富に揃えられている

チェリーカジノが大手オンラインカジノとしてプレイヤーから高い支持を得ているのは、なによりもクオリティの高いゲームが豊富に揃えられていることにあります。

オンラインカジノはゲームの種類よりもゲームのクオリティが大切で、そのクオリティの高いゲームを揃えるには、大手のゲーミングプロバイダとライセンス契約を結べるかどうかが鍵となります。
チェリーカジノはマイクロゲーミング、プレインゴー、ネットエント、エボリューションゲーミング、ユグドラシルなど、多くの大手ゲーミングプロバイダとライセンス契約を結んでいるので、ゲームのクオリティはどれも高く、オンラインカジノ業界で人気となっているゲームもしっかり揃っています。
こうした大手ゲーミングプロバイダとライセンス契約を結んでいることにより、安全性に関しても安心することができます。

ゲーミングプロバイダの中には、お金を支払ってもらえさえすればすぐにソフトウェアを貸し出すようなところもありますが、大手ゲーミングプロバイダはソフトウェアを貸し出す前に、そのオンラインカジノが安全で信頼できるところなのかをしっかりとチェックします。
万が一不正やトラブルの多いオンラインカジノにソフトウェアを貸し出してしまうと、ゲーミングプロバイダ側の信頼性も損ねてしまうことに繋がります。
そのため、大手ゲーミングプロバイダでは自身の名を傷つけず、かつ宣伝効果も兼ねられるような安全で信頼できるオンラインカジノとのみライセンス契約を結んでいます。

チェリーカジノがライセンス契約を結んでいるゲーミングプロバイダの大半は、そうした安全性を重視する大手ゲーミングプロバイダですので、チェリーカジノが安全で信頼できるオンラインカジノであることは、契約しているゲーミングプロバイダにより証明されています。

決済方法が多く入出金処理がスピーディー

オンラインカジノはパソコン、スマホから気軽に楽しめるのが一番のメリットですが、その気軽に遊べる環境を作り出すには決済方法が重要となります。

オンラインカジノの中には決済方法が少なく、自分の利用しやすい決済サービスを使えないというところも少なくはありません。
チェリーカジノの場合は、オンラインカジノの決済サービスの代名詞とも言えるエコペイズに、アイウォレット、ヴィーナスポイントにて入出金を行うことができます。
また、入金に関してはビサのクレジットカードを使うことができるので、オンラインショッピングを行うような感覚で手早く入金を済ませることができます。

こうして決済方法が多く揃っているということだけではなく、チェリーカジノは決済の処理スピードにも優れています。
基本的に決済処理はリアルタイムで行われるので、入出金を依頼したそのタイミングで処理されます。
混み合っている時でも24時間以内には処理される場合がほとんどですので、入出金額の反映もそれほど時間をかけることなく行われます。

このように入出金処理スピードが早いことによって、チェリーカジノはいつでも気軽に遊べるというオンラインカジノのメリットをしっかりと活かすことに成功しています。

日本語サポートによる安心できるサポート体制

チェリーカジノをはじめ、オンラインカジノは海外のカジノ合法国から許可証とも言えるライセンスを受けて運営を行っています。
日本は今後カジノ合法国となっていく予定となっていますが、今現在はカジノを合法としていないので、日本の企業が運営するオンラインカジノは1つも存在しません。
現時点において合法運営しているオンラインカジノは、すべて海外にて運営されているため、基本的にサイトの言語、ゲーム内の言語は英語となっています。

英語に詳しい方ならば英語表示でも困ることなく楽しめると思いますが、そうでない方にとって英語表示という仕様は、オンラインカジノを利用するにあたりかなり厳しい問題点となります。
しかしチェリーカジノならばそうした英語表示に困ることもありません。
チェリーカジノはサイト、ゲーム共に日本語に対応しているので、英語がわからないという方でも安心して利用することができます。
そして、サイト、ゲームの言語表示だけでなく、サポートも日本語で対応してもらえるので、わからない部分があっても、日本語にて問題解決の方法を教えて貰えます。

こうしたサポートまで日本語に対応していることから、チェリーカジノは日本人プレイヤーの間でも人気のオンラインカジノとなっています。

運営会社にとって不正は自滅行為

オンラインカジノに対して詐欺や不正、イカサマがあると思っている人は多いのではないでしょうか。
それもそのはず、オンラインカジノはインターネット上で楽しめるカジノです。

インターネット上、つまりはプログラムされたものを楽しむことになりますし、そもそもどのようなプログラムがなされているのかなどユーザーサイドでは確認することができません。
つまり、不正やイカサマがあったとしてもユーザーが気付くことができませんので、負けばかりになれば「詐欺があるんじゃないか」「イカサマがるのだろう」と思うユーザーがいても決して不思議ではありません。

しかし、実際の所オンラインカジノでは不正やイカサマの可能性は限りなく0%に近いでしょう。
その理由について様々な角度からチェックしてみました。

第三者機関からのチェック

オンラインカジノは第三者機関からチェックを受けています。
eCOGRAやTSTといった、オンラインカジノ業界とは関係ない、つまりオンラインカジノ業界に忖度する可能性のない第三者機関がイカサマがないシステムなのかをチェックしています。

第三者機関からのチェックをホームページに公表しているオンラインカジノもありますので、どのような結果だったのかを確認することも可能です。

ライセンス制度

オンラインカジノは誰もが営業できるものではありません。
カジノが合法な国や地域からライセンスを取得し、営業しています。
こちらもまた、オンラインカジノのホームページにアクセスすることで、どこでライセンスを受けているのかをチェックすることができます。

様々な国や地域がライセンスを発行していますが、基本的には更新制になります。
つまり、一度取得したからといって、以降何をしても問題ない…ではなく、定期的に検査されるので、不正が露呈したらライセンスが停止になり、運営が行えなくなります。
果たしてそのようなリスクを犯してまで不正を行うのかという疑問もあるのではないでしょうか。

経営母体

この点こそ、オンラインカジノに不正がない最たる理由と考えられています。
オンラインカジノを運営している業者の多くが、インターネット上のみでビジネスを行っているのではなく、リアルな世界でもホテルやリゾートビジネス、レストランなどのビジネスを行っています。

悪徳業者のように、インターネット上のみで運営し、何か悪事があればホームページを閉鎖してしまえば足取りが掴めない…といったことはなく、むしろ経営母体まで好評しているオンラインカジノ、あるいは少し調べれば分かるオンラインカジノもあります。
もしもですが、オンラインカジノで不正を行っていた場合、オンラインカジノの営業そのものだけではなく、経営母体にまでダメージを負うことになります。
経営母体がそれまで地道に積み上げてきた信頼を、オンラインカジノ上にて目先の利益が欲しいがために壊すのか…を考えると、現実的には考えにくいのではないでしょうか。

悪徳業者であれば、母体がないのでそのようなイカサマを行う可能性もあるでしょう。
しかし、オンラインカジノを運営している業者・企業の多くは、現実世界に於いても健全なビジネスを展開しています。
その点を考慮すると、オンラインカジノで不正やイカサマを行う可能性は低いのではないでしょうか。

競争原理

この点も大きいとされています。
オンラインカジノは様々な業者が用意していますので、どのオンラインカジノを選ぶのかで迷うことも珍しくありません。
そして、口コミ等を簡単に調べられる時代です。

仮にですが、不正やイカサマらしきものが見受けられるオンラインカジノであれば、多くのプレイヤーが何らかの形で情報発信を行うのではないでしょうか。
SNS等において「あのオンラインカジノは勝てない」「あのオンラインカジノは少しおかしい」といった口コミが散見されるようになれば、その口コミを見たプレイヤーは、そのオンラインカジノから遠ざかることでしょう。

誰もが簡単に情報を発信し、且つ誰もが気軽にチェックできる時代に於いて、不正やイカサマを隠し通すのは簡単ではありません。
一度露呈すれば炎上騒動となり、先にも挙げたように本業に支障をきたすことにもなりかねません。

まとめ

プログラムされたゲームを楽しむオンラインカジノに対して、疑惑の眼差しを向けるのも分からない話ではありません。
しかし、状況的に見るとむしろオンラインカジノが不正を行うリスクが大きいことが分かるのではないでしょうか。

かえってオンラインカジノ業者側が、ユーザーがそのような疑惑を持ちやすいジャンルであることをよく分かっているからこそ、第三者機関に依頼するなどして「潔白」をアピールしているとも考えられます。
結果として、オンラインカジノが不正やイカサマを働いている可能性は極めて0%に近いと言えるでしょう。

オンリーワンな要素に溢れたカジノ

オンリーワンな要素に溢れたカジノ
オンラインカジノにRPG要素を加えたことでオンラインカジノ業界の中でも高い注目を集めているのがカジ旅です。
それまでのオンラインカジノとは異なり、作成したアバターがまるでRPGのように冒険し、アイテムやゲージを貯めつつ、ボスと戦う斬新なシステムは多くのユーザーから高い人気を集めています。
しかしながら、カジ旅は決して単なるRPG要素を売りにしたオンラインカジノではありません。

ロト系が充実しているカジ旅

カジ旅は2019年よりジャンボロトが登場。
スポーツロトやキノ、ミニロトなど世界中で開催されているロトを楽しめます。
ロトもまた、オンラインカジノ同様高い配当を狙える魅力的なものです。特に海外のロトは日本とは桁違いの高配当をもたらしてくれますし、何より一般的なオンラインカジノのように、ゲームに集中する必要がありません。
数字を予想するだけになりますので、気軽に参加できるだけではなく、普段忙しいのでなかなかオンラインカジノで遊ぶ時間を捻出できないユーザーでも、短時間でありながら高配当の夢を見ることができます。

ブリッツも話題のカジ旅

ブリッツも話題のカジ旅
カジ旅を楽しんでいるユーザーの中には、RPGよりもむしろスロットばかりというユーザーも多いです。
その理由が、業界最速と謳われている「ブリッツ」です。
こちらはカジ旅だけでしか楽しめない、ネットエントと共同開発によって生まれたシステムのスロットです。
一般的なスロットの6倍でスロットを楽しめますので、よりスピーディーでスリリングなスロットが楽しめます。
スロットはトランプやルーレットと比べてスピード感が魅力ですが、通常よりも6倍も速いとあって、多くのユーザーを魅了していますが、6倍速なので、通常のスロットよりもさらにスピーディーです。
スロットというよりも、「全く新しいジャンルのゲームを楽しんでいるかのようだ」といった評判を集めているので、オンラインカジノの中でも特にスロットが好きなユーザーであれば、ブリッツは一度は試してみる価値のあるスロットです。

カジ旅はライブカジノの評判も高い!

ライブカジノの評判が高いのもまた、カジ旅の特徴です。
ライブカジノは臨場感溢れるオンラインカジノです。機会相手ではなく、ディーラーと画面越しに対面しながらのプレイは、まるで実際にカジノに訪れているかのような雰囲気を楽しませてくれますが、ライブカジノのグラフィック等、クオリティの高さで知られています。
その理由の一つに、エボリューションゲーミング社製のライブゲームを採用している点にあります。
エボリューションゲーミングはクオリティの高いソフトウェアとして知られています。
ライブカジノに於いても臨場感のあるゲームを多々リリースしているとあって、世界中のオンラインカジノユーザーから評判の良いソウトウェアです。
先に紹介したロトやブリッツと併せて、カジ旅が決してRPGだけを売りにしているオンラインカジノではないことが分かるのではないでしょうか。

定評のあるソフトウェアを採用している

先にカジ旅のライブカジノはエボリューションゲーミングを採用しているとお伝えしましたが、カジ旅は他にも様々なソフトウェアを採用しています。
世界中のオンラインカジノユーザーから高い評価を集めているネットエントやマイクロゲーミングはもちろんですが、ユグドラシル(Yggdrasil Gaming)、クイックスピン(Quickspin)、ブッシュゲーミング(PUSH GAMING)など、TST等の第三者機関からも健全性を認められている安心できるソフトウェアを採用していますので、カジ旅が決して「旅だけのオンラインカジノ」ではないことが分かるのではないでしょうか。

カジ旅は楽しみやすいオンラインカジノ!

カジ旅はスマートフォンやタブレットからも楽しめます。
決してPCからだけしか楽しめないオンラインカジノではありませんので、いつでもどこからでもたのしめるオンラインカジノです。
更に、日本時間15時から24時はライブチャットによる日本語サポートも行っていますので分からないことがあればリアルタイムでの返信をもらえます。
カジ旅は楽しみやすいオンラインカジノ
対応時間がいであってもメールによる対応が行われていますし、ライセンスは「取得のハードルが高い」とされているマルタ共和国の物です。
これらの客観的な情報からだけでも、カジ旅が安心して、かつ楽しみやすいオンラインカジノであることが分かるのではないでしょうか。

まとめ

カジ旅はRPG要素ばかりに注目が集まっていますが、決して奇をてらったRPG要素だけではなく選択肢も豊富に用意されており、且つ日本人へのサポートもしっかりと行っているオンラインカジノだと分かるのではないでしょうか。
もちろん旅を楽しむのも良いのですが、二次元ゲーム的要素だけではなく、まるで現実の旅同様、そこには様々な「楽しい選択肢」が待っていることが分かるオンラインカジノです。

ネット上のギャンブルにはネット上の通貨が最適

オンラインカジノの唯一のデメリットは入出金

オンラインカジノの唯一のデメリットは入出金

オンラインカジノの魅力は一言では語り尽くせないほど多くあります。
その魅力の多さから、オンラインカジノで一度プレイすると他のギャンブルはもう利用できなくなるとまで言われています。

オンラインカジノの最大の魅力は、なんといっても勝ちやすさにあります。
日本のパチンコをはじめ勝ちやすいと言われているギャンブルのペイアウト率は80%前後となっています。
オンラインカジノの場合、そうした勝ちやすいと言われているギャンブルを遙かに凌ぐ95%ものペイアウト率でゲームを提供しています。
これだけ高いペイアウト率ならば、カジノゲームにまったく触れたことのない初心者の方がプレイしても、十分に大きな利益を勝ち取ることが可能となります。

また、ランドカジノとは違い営業時間もないので24時間いつでもギャンブルを楽しめますし、パソコン以外にもスマホやタブレットからのアクセスも可能です。
また、海外政府から認可を受け運営しているので安全性に関しても高いものがありますし、日本語対応のオンラインカジノも多くあるので英語を理解できなくても問題なく楽しめます。

このようにオンラインカジノには魅力的な点が多くあるのですが、デメリットとなる部分もあります。
それは入出金に関する部分です。
オンラインカジノは海外のギャンブルなので、入出金を行うには海外送金にて行うのが一般的となっています。

海外送金の経験がある方ならばご存じ方と思いますが、海外送金は着金までに1週間近い時間がかかりますし、手数料も高額となってしまいます。
オンラインカジノが海外のギャンブルであることにより、こうした入出金の面がデメリットとなってしまいます。

様々な入出金方法が用意されている

オンラインカジノは入出金に利用できる手段をいくつか用意しています。
海外送金はもちろんですが、クレジットカード入金や電子決済サービスでの入出金など、様々な入出金方法を用意しています。
どの方法を選ぶのかはプレイヤーの自由なので、自分で利用しやすいと思う入出金方法で資金移動を行うことができます。

そうした入出金方法の中でも今もっとも注目を集めているのがビットコインです。
ビットコインとは実際のお金と同じく利用できるオンライン上の仮想通貨です。
レートに変動があるのでその時々によって価値が変わってきますが、オンラインでの決済を滞ることなくスムーズに行うことができます。
こうしたスムーズな決済を可能とすることから、大手オンラインカジノをはじめ最近のオンラインカジノではビットコインによる入出金を採用しています。

ビットコインならば24時間いつでも送金可能

ビットコインならば24時間いつでも送金可能

円で海外口座に送金する場合、その間に銀行が関わることになるので、すべては銀行の裁量にかかっています。
営業時間内に間に合わなければ翌日扱いとなりますし、土日祝日の銀行が休みの時には翌週までサービスを利用することができません。

ビットコインの場合は、この銀行にあたる部分の機関が存在しないため、入出金をしたいと思ったその時にスムーズに資金移動を行うことができます。
深夜でも早朝でも時間帯関係なく入出金を行うことができますし、土日などの休日に関しても心配する必要がありません。
ビットコインならば365日いつでもスピーディーな入出金を行えるので、まさにオンラインカジノにぴったりの入出金方法であると言えます。

手数料の安さもビットコインのメリット

海外送金は手数料の高さが大きな痛手となります。
その手数料分も考えると、大きな利益を残さなければなりません。
ちょっと勝った程度の利益では、手数料分ですべて消えてなくなってしまいます。

外貨での送金ではなく円での送金ですと手数料はより高く、最低でも5千円近くの手数料がかかってしまいます。
そのため、入出金の回数もできるだけ抑えなければならなくなってしまうので自分の好きなタイミングでの入出金が難しくなります。

ビットコインはそうした手数料面でも海外送金よりもずっと優れています。
ビットコインでの入出金にかかる手数料はわずか数円です。
大体が1円程度しかかからないので、手数料のことをまったく気にせず入出金を行えます。
遊びすぎないように毎日全額を出金し、次回プレイする時にまた新たに入金するといった使い方もできるので、資金コントロールの面でもとても重宝します。

こうした手数料の安さによって、オンラインカジノ側だけでなくプレイヤーもビットコインを求めていることから、最近のオンラインカジノは積極的に入出金手段にビットコインを採用しています。

ビットコインならば入出金も簡単

ビットコインならば入出金も簡単

ビットコインならばオンラインカジノへの入出金も手間なく行えます。

ビットコインを採用しているオンラインカジノは、入出金項目の中にビットコインが準備されているので、ビットコインを選択し入出金額を決定します。
入出金額を決定すると自動でビットコインのログイン画面へと移行しますので、後はログインし入出金額を確認した上で最終的な決定を行うだけです。
資金移動は即座に各口座に反映されるので、資金が着金するまで待つ必要はありません。

このように、ビットコインならばオンラインカジノの唯一のデメリットである入出金の問題を解消することができますので、オンラインカジノで楽しむ際にはビットコインを準備しておくことをおすすめします。

信頼性を極めた運営実績で知られたオンラインカジノ

1998年設立の信頼できる運営実績

1998年設立の信頼できる運営実績

オンラインカジノは世界に2000を超える数があり、その競合相手の多さからトップクラスに位置するのはもちろん、運営を続けていくのも簡単なことではありません。
そのため、人気と運営実績の2つを兼ね揃えたオンラインカジノは業界内においてほんの一握りしか存在しません。
その一握りのオンラインカジノの代表ともなっているのが、運営開始時から現在に至るまでトップクラスに位置しているジャックポットシティカジノです。

ジャックポットシティカジノは1998年に設立されたオンラインカジノで、ハイクオリティなゲーム提供と高い安全性により世界中のオンラインカジノプレイヤーに支持されています。
世界初のオンラインカジノが誕生したのは1996年のことですから、ジャックポットシティカジノの歴史はオンラインカジノの歴史と言っても過言ではありません。
長年の実績により、ゲーム面だけではなく、決済、運営を含むサービス全てが充実しているため、オンラインカジノ選びで迷った際にはジャックポットシティカジノに登録しておけば、不安を感じることなくいつでも快適に楽しむことができるでしょう。

安全性の高さは業界トップクラス

安全性の高さは業界トップクラス

ジャックポットシティカジノは、業界内でもっとも有名で信頼できるマルタ政府発行のライセンスを取得しています。
マルタ政府のライセンス発行審査はその他の海外政府の発行審査よりも厳格で、たった1つでも審査項目をクリアできなければライセンスを発行してもらうことはできません。

オンラインカジノは、海外政府からライセンスを取得し運営しているという理由から安全性に関して心配は要らないとの声もあります。
しかしながら、ライセンス発行国によっては資金力だけに注目してライセンスを発行している国もありますので、ライセンスを取得していれば安全だということにはなりません。
しっかりとしたライセンス発行機関を持ち、審査基準が厳しい発行国のライセンスでなければ、オンラインカジノを一切の不安なく楽しむことはできません。

マルタ政府のライセンス発行審査の厳しさは有名で、名の知れたオンラインカジノであっても落とされてしまう場合があるほど厳しいものですので、マルタ政府からライセンスを取得しているジャックポットシティの安全性は非常に高いものであると言えるでしょう。
更に、ジャックポットシティカジノはマルタ政府発行のライセンスの他に独自で外部監査機関の監査を受けています。
外部監査機関は運営の健全性からソフトウェアの公平性まで、オンラインカジノのサービス全体をチェックし、そのオンラインカジノが安全であるかどうかを評価します。

ジャックポットシティカジノは外部監査機関に関しても、業界内でもっとも厳しいeCOGRAに依頼し、しっかりとその監査をクリアしていますので、その安全性の高さは業界トップクラスとなっています。

マイクロゲーミング社のソフトウェアを採用

マイクロゲーミング社のソフトウェアを採用

オンラインカジノの人気を左右するのは採用するソフトウェア会社にかかっています。
そんなソフトウェア会社選びに関し、ジャックポットシティカジノは業界最大手のマイクロゲーミング社のソフトウェアを採用しています。

マイクロゲーミング社が誕生したのは1994年のことで、オンラインカジノのゲームを作り上げたソフトウェアウェア会社として、その名はプレイヤーの間でも広く知れ渡っています。
マイクロゲーミング社のソフトウェアはとにかくクオリティが高く、どこからプレイしてもその臨場感ある演出とサウンドによって本場のカジノで楽しんでいるかのような高揚感を味わうことができます。
ジャックポットシティカジノではこのマイクロゲーミング社のゲームを常時600種類程度用意しているので、いつプレイしてもクオリティが高く、楽しめるゲームをプレイすることができます。

またマイクロゲーミング社はパソコンから利用するダウンロードゲームだけではなく、ブラウザ上で楽しめるブラウザゲームの開発にも力を入れているので、スマートフォンやタブレットからも気軽にゲームを楽しむことができるようになっています。

プレイの度に貯まるロイヤリティポイント

ジャックポットシティカジノでは、ゲームをプレイする度にそのベット額の一部がポイントとして貯まっていくロイヤリティポイントというシステムを導入しています。
これはその他のオンラインカジノでいうところのコンプポイントに近いシステムです。

ロイヤリティポイントが貯まれば貯まるほど、ランクがアップしていき、ポイント還元率が高くなったり、有利にゲームをプレイできるサービスを受けられるようになります。
ランクはブルーからダイヤモンドまであり、ダイヤモンドまでランクアップすることができればなんとベット額の20%をロイヤリティポイントして受け取ることができます。
ランクアップに必要なのは、一度に大きな金額を賭けたかどうかではなく、トータル的なベット額なので、コツコツと長くプレイしていれば自然とランクアップしていきます。
この貯まったロイヤリティポイントは200ポイントごとにカジノクレジットへ換金することができるので、その後のゲームをお得にプレイすることができます。

新しいスタイルの模索が続くゲーム開発

オンラインカジノの最新ゲームを確認しよう

オンラインカジノの最新ゲームを確認しよう

オンラインカジノはどんどん新しいゲームを導入していますが、特定のカジノにおいて、他のオンラインカジノでは導入していないような変わったゲームが追加される場合があります。
他のオンラインカジノで使われていないゲームで遊びたいと考えるなら、導入したオンラインカジノで遊ぶしかありません。

新しいゲームの情報をしっかり得ておかないと、最終的に稼げるゲームや楽しめるゲームを見つけられないままオンラインカジノで遊んでしまう可能性があります。
より多くの情報を得るためにも、できる限り最新ゲームを確認して遊べるゲームの数を増やしておきましょう。

最新ゲームは数多く登場している

近年はスロットマシンを増やすなどの対策をしていますが、それ以外にもオンラインカジノでは新しいゲームを導入しています。
オンラインカジノが新しいゲームを増やしている背景には、新しいゲームを導入してユーザーを確保したいと考えているからです。
他のオンラインカジノで導入していないゲームを採用すると、必然的に知名度アップを図れる可能性がある他、新しいゲームに寄ってくるユーザーが増えるので、これまでにないゲームの開発も進められています。

ゲームを提供しているソフトウェア会社は、何とかしてオンラインカジノに関連する新しいゲームを増やそうと考えています。
ただ、新しいゲームを増やそうとするのはかなり開発費用が必要で、開発費用が不足すると何もできなくなってしまいます。
ある程度高い費用を覚悟して開発しているソフトウェア会社は、成功させるために様々な仕組みを導入したり、遊びやすいものも次々と採用しています。
とにかく新しいという部分をしっかり作るために活動しているのです。

オンラインカジノの最新ゲームがしっかりと導入されていくと、知名度がアップする可能性も高くなりますし、場合によっては特定のゲームによって色々なサイトで紹介されるようになります。
オンラインカジノとしては、知名度アップがとても欠かせない情報でもありますし、なるべく情報を多くの人に知られたいと考えています。
少しでもいい情報を与えられるように、オンラインカジノとしても新しいゲームの開発には積極的に関与しているのです。

新ゲームではこれまでにない方針が採用されることも

新ゲームではこれまでにない方針が採用されることも

オンラインカジノで導入されている新しいゲームは、これまでにないゲームの方針を採用している傾向があります。
その1つがルーレットとボードゲームを組み合わせているタイプです。

ベラジョンカジノが導入しているタイプで、一見するとルーレットのライブゲームを提供しているように思われますが、実際にはライブゲームの中でボードゲームに挑戦する場面があります。
ボードゲームでは倍率が設定されており、止まった場所に応じて倍率による配当が支給されます。
ボードゲームはオンラインカジノで導入されていないジャンルの1つです。
理由はボードゲームのゲーム時間が長くなる可能性が高くなるからです。

オンラインカジノとしては、ボードゲームを気軽に楽しめるように調整するため、新しいゲームでは特定のルーレットマスに止まった場合のみボードゲームがスタートします。
そしてサイコロを振る回数を限定的とすることで、できる限りゲームが短時間で進むように調整しています。
この方針によって、オンラインカジノのゲームはさらに増やせるようになりました。

オンラインカジノとしては、多くの情報を提供できるサイトを作りたいと考えていますし、新しいゲームによってオンラインカジノをさらに発展させたいのです。
他にはないゲームの方針を採用することで、オンラインカジノの知名度アップを図りたいオンラインカジノ側の思惑を受け入れて、ユーザーはどんどんゲームに挑戦していくこととなるでしょう。

新ゲームはまずは触ってみるしかない

新ゲームはまずは触ってみるしかない

新しいゲームはオンラインカジノの情報サイトに掲載されていないケースが多くなっているほか、実際に攻略法が考案されているわけではありません。

オンラインカジノの情報サイトを見てもわからない場合は、とにかく新しいゲームに挑戦するしかありません。
自分で挑戦してどのような結果が得られるのかしっかりと考えておき、オンラインカジノの新しいゲームに挑戦すべきか考えておきましょう。
今後遊び続けたいと考えているなら、新しいゲームの本質を理解するしかありません。

新しいゲームを導入してオンラインカジノ側もしっかりと情報を提供したいと考えており、近年は新しいゲームに関連するサイトを立ち上げるなど、対策をしっかり実施しています。
色々な対策によってオンラインカジノの新しい情報は多く登場するようになりましたが、それでも新しいゲームの攻略法などは全くわからないことが多いです。
しっかりと情報を確認できるように、触って確認したほうがいいでしょう。
色々な情報が得られるようになると、オンラインカジノの新しいゲームに挑戦しやすくなるでしょう。

日本の国内法でオンラインカジノは裁けない

オンラインカジノは魅力多きギャンブル

オンラインカジノは魅力多きギャンブル

世界には多くのギャンブルがありますが、オンラインカジノほど魅力的なギャンブルはないでしょう。

オンラインカジノは、インターネットに接続可能な環境ならば世界どこからでも利用することができます。
しかもオンラインカジノは365日24時間営業しているので、朝でも夜でも時間を選ぶことなく、自分の都合に合わせてギャンブルを行えます。
そして、パソコンの他にもスマホやタブレットからもプレイすることができるので、ほんの少しの空き時間さえあれば外にいてもギャンブルを行うことができます。

オンラインカジノは海外で運営されているギャンブルであるため、円ではなくドルやユーロを用いることになりますが、外貨への両替もオンラインカジノが用意している決済サービスの方でその時のレートから自動で両替してくれるので、外貨の利用に関しても手間をかけることなく行えます。

他にも、ゲーム数は数百種類以上用意されているので飽きることなく長く楽しめますし、ゲームの中には10億円以上の賞金を得られるチャンスがあるものもあります。
こうした他のギャンブルよりも魅力的な部分が多くあることから、オンラインカジノは全世界に4000万人というプレイヤーを持つ、世界的なギャンブルとなっています。

安全性の高さ故に高い人気を得ている

安全性の高さ故に高い人気を得ている

どれだけ魅力的な点が多いギャンブルでも、安全性の面で不安があると、そのギャンブルを利用したいとは思わないでしょう。
オンラインカジノが海外で高い人気のギャンブルとなっているのは、高い安全性を確立していることがベースにあるからです。

オンラインカジノの運営会社の多くは、サッカークラブのスポンサーであったり、株式市場に上場していたりと、社会的な信用を得ている会社である場合がほとんどです。
そして、オンラインカジノを運営するためには、カジノを合法としている海外の国の政府からライセンスを発行してもらわなければなりません。
このライセンスを発行して貰うためには、海外の国の政府が定める多くの審査事項をパスする必要があります。

もちろん、この審査は合法ギャンブルとして認めるための審査であるため、その内容の厳しさは並大抵のものではありません。
ある程度名の知れた企業でも審査落ちしてしまう場合も少なくはなく、審査をパスするには資金に加え、ギャンブルサービスを提供するにあたっての運営能力も問われます。

オンラインカジノはこうした海外の国の政府による審査を受け、すべてパスした上で運営しているので、安全性の面に関しては一つも疑うべき点はありません。
このような安全性の高さがベースにあるからこそ、オンラインカジノは人気のギャンブルとして成り立っています。

賭博法が適用されるかどうか

オンラインカジノが多くの魅力を持つ安全なギャンブルだと言っても、日本国内から利用した場合違法にあたらないのかとの不安を持つ方もいると思います。
日本の法律にはギャンブルに対して働く賭博法という法律があります。
この賭博法が適用されるかどうかでそのギャンブルが違法ギャンブルなのかどうかが決まります。

賭博法が適用される条件は、公営ギャンブル以外のギャンブルを日本国内において開帳、または利用した場合です。
公営ギャンブルというのは競馬、競輪、競艇、オートレース、宝くじのことです。
これら以外のギャンブルを日本国内にて開帳、または利用した場合は賭博法により罰せられます。

オンラインカジノはもちろん公営ギャンブルではありません。
そのため、オンラインカジノの利用は違法にあたると思われてしまうところですが、オンラインカジノは日本国内にて開かれているギャンブルではありません。
海外の国で運営されているギャンブルをインターネット経由で行うため賭博法の条件には当てはまりません。
これはつまり、カジノ合法国に海外旅行に行きカジノ店でギャンブルを行う場合と変わりありません。
そのため、オンラインカジノを日本国内から利用しても法律によって罪を科せられることはないので、日本国内で認められているギャンブル同様に安心して楽しむことができます。

過去の事例から違法性について判断する

過去の事例から違法性について判断する

オンラインカジノの違法性については過去の事例からも判断することができます。

2016年3月、オンラインカジノを利用していたとして3名の逮捕者が出ました。
そのうちの2名は略式起訴として罰金を支払い罪を清算しましたが、残りの1名は逮捕を不服として裁判に持ち込みました。
その裁判の結果、その1名は不起訴となり罪に問われませんでした

不起訴というのは、検察が罪を立証することができなかったということを意味するので、オンラインカジノの利用は違法にはあたらないということがこの件からはっきりと証明されました。

こうして過去の事例からもオンラインカジノに違法性はないと証明されていますので、正式に海外の国の政府からライセンスを取得しているオンラインカジノを利用すれば誰でも安全に安心して楽しむことができます。