変動期に入りつつある入出金手段

アイウォレットの需要は高まるばかり

アイウォレットは他の入出金サービスがどんどん衰退していく中、サービス水準を維持し続けています。
サービスの水準がいい状態を続けていると、ユーザーがしっかりと集まるようになり、利用してくれる人が増えてくれるのが入出金サービスです。

エコペイズの規制が強化され、利用しづらいと感じるユーザーが増えてしまったことを受けて、アイウォレットが次の利用先として注目されています。
ただ、オンラインカジノで提携しているサイトが少ないという問題もあるため、今後どのように変わるのかが注目されます。

アイウォレットの需要は高まるばかり

アイウォレットは次の入出金サービスとして期待されている

エコペイズを利用しているユーザー、そしてオンラインカジノが多いのは事実ですし、今でもこの状況が続いています。
エコペイズであれば安定して利用できて、入出金もしっかり行われるメリットがあったため、アイウォレットはその影響を受けてあまり使われませんでした。

しかし状況は変わりつつあります。
エコペイズがどんどん使いづらくなってしまい、入出金サービスの切り替えを希望するユーザーが増えてきたのです。
アイウォレットはサービスの水準を少し下げてしまったものの、基本的なサービスについてはそんなに変わっていなかったため、次の入出金サービスとして注目を集めています。

アイウォレットであればエコペイズと同じように使えるのではないか、手数料は少し高いかもしれないが、入出金サービスとして使えるなどの意見が出ており、利用者が今後増える可能性は高くなっています。
一番大きな理由として、オンラインカジノへの入金がまだ行えるため、エコペイズよりも利用できる範囲が広いと考えられているのです。
今後アイウォレットがサービスの水準をそのまま維持できれば、オンラインカジノの入出金サービスとしてかなり利用される可能性もあります。
もちろん他のサービスが水準を引き上げてしまうと、競合する相手が増えてしまい、アイウォレットは厳しい状況に置かれる可能性もあります。
ただ、アイウォレットはサービスの水準をしっかり保っており、利用しやすい入出金サービスの価値を高めています。今後は利用される可能性が十分にあるのです。

対応しているオンラインカジノが少ない点が課題

アイウォレットは利用しやすい入出金サービスですが、対応しているオンラインカジノが少ないという問題を抱えています。
アイウォレットと提携しているオンラインカジノは、代表的なところだとベラジョンカジノ、そしてジパングカジノが挙げられます。
この2つはオンラインカジノとしても利用される傾向が多くなっており、日本人ユーザーで使っている方が多く注目を集めています。

しかし他のオンラインカジノが提携を行っていないこともあり、なかなかオンラインカジノでアイウォレットを使うという状況が作られません。
ジパングカジノ系列でもアイウォレットは採用されていますが、独自にオンラインカジノを立ち上げている会社から信頼されておらず、まだエコペイズのように使われる状況が生まれていません。
エコペイズはオンラインカジノとしては非常に使いやすく、そしてヨーロッパ系の会社でもあり、提携しやすい状況でもあったのです。

対応しているオンラインカジノが少ない点が課題

アイウォレットはイギリスで提供していると示していますが、運営会社は香港にあり、事実上アジア系のサービスとして運営されているのです。
運営している地域の影響もあり、フィリピンでオンラインカジノを運営しているジパングカジノには使いやすいものの、他のオンラインカジノは地域が異なるため使いづらいと考えられてしまったのです。
この影響は今でも残っており、多くのオンラインカジノがエコペイズを中心に考えています。
エコペイズが衰退し始めた以上、アイウォレットの需要は高まるかもしれませんが、契約するオンラインカジノが生まれるかどうかが焦点となります。

契約が増えなければオンラインカジノのサービスは厳しい

契約が増えなければオンラインカジノのサービスは厳しい

アイウォレットの契約が増えるようであれば、オンラインカジノの選択肢はかなり増えるでしょう。
ベラジョンカジノやジパングカジノだけを利用するのではなく、他のオンラインカジノでも遊べるようになり、アイウォレットを使って色々なオンラインカジノでお金をやり取りするという方法も使えます。
できることなら多くの会社がアイウォレットと契約し、オンラインカジノで使えるようにしてほしいものの、そう簡単に進むのかは不透明です。

逆にアイウォレットの契約が増えなければ、オンラインカジノの選択肢はベラジョンカジノとジパングカジノ系列くらいしかなく、日本人がオンラインカジノで遊ぶにはかなり敷居が高くなってしまいます。
より多くのユーザーが遊んでくれるような状況を作ってもらわないと、オンラインカジノ業界は発展しません。
今後の契約動向にも注目し、アイウォレットを作っておくといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です