オンラインカジノでシミュレーションを体験してみよう

自宅でスマートフォンから気軽にスロットが楽しめる。
しかも、スロット店のスロットと同じように利益を出せる可能性が高い。
巣ごもり需要とオンラインカジノは非常に相性がよくユーザーが増加する一方になっています。

まずはシミュレーションを体験してみる
まずはシミュレーションを体験してみる
オンラインカジノの登録を済ませてログインし、スロットをどれにするか決める際に便利なのが「デモシミュレーション(無料版)」になります。
実際のオンラインカジノのスロットのデモ機をプレイするのと同じなので、掛け金を使わずに体験できる部分がメリットになります。
オンラインカジノによっては登録不要で遊べるところもあります。

シミュレーションでわかること

シミュレーションで体験できるのはリールの動きはもちろんですがオンラインと手元の動きのタイミングをそろえやすくなります。
ベットしている場合はここでミスしてしまうと掛け金が消えてしまいますがシミュレーションであればベットなしなので安全な状態でスロットの調子や癖などを自分で体験して納得して機種を選ぶことができます。
ベットした際の仮あたりの計算などもできるので、スロットをプレイしている人の多くがこのシミュレーションでまずプレイしています。

シミュレーションは本当にお金がかからないの?

シミュレーションは実機と同じスロットをプレイできますが、ベットすることができないので掛け金自体が発生しません。
また入金した現金や初回ボーナスなどからの徴収なども一切ないのでプレイする際の不安は持たなくて問題はないと言えます。

シミュレーションの後にしたいこと

シミュレーションでスロットの癖などを把握した後には、できれば複数のオンラインカジノで同じようにシミュレーションでプレイすることがお勧めになります。
これは3つほどのオンラインカジノを体験することでいわゆるホームカジノができることや、お得なキャンペーンなどを逃がさないようになることにもつながるからです。
この複数のカジノ体験は当日でなくとも問題はありません。
当日限定のボーナスなどもあるので、時間に余裕のある時にホーム。サブという形を作れるように回ってみてからどこをホームカジノにするのかを決めていくと焦らずに自分に合ったオンラインカジノを作りやすくなります。

実際に入金してみる

実際に入金してみる
主なオンラインカジノへの入金は
・銀行振り込み
・クレジット決済
・電子決済
・ビットコイン(仮想通貨)
などになります。

・銀行振り込み

これはオンラインカジノの指定する銀行口座に直接入金するものになります。いわゆる事前入金になり、予算に合わせて入金できる部分がメリットです。
営業時間内であれば反映が早いこともありますが翌営業~3営業日反映などもあるので時間に余裕をもって入金していきたい部分があります。

・クジレット決済

クレジット決済は最もメジャーな決済方法です。
VISAカードなどであれば反映も早く、大当たりを逃がさずにプレイしたい場合にはクレジットで入金する人も多いかと思います。
ですが、マスターカードなどの入金の場合には反映が遅れたりすることや、JCBjカードなどは使用できないオンラインカジノなども多くクレジットカードの種類を吟味する必要が出てきます。
即座の入金ができるので使い過ぎに気を付けていくことも大事になります。

・ビットコイン

仮想通貨などの取引をしている人であれば仮想通貨での入金も可能です。
仮想通貨の入金は最も早い反映速度になるので取引でなれているひとであれば仮想通貨を使っていくのがベストになります。
手数料なども無料なのもメリットの一つです。

・電子決済

電子決済はオンラインカジノ、オンラインスロットをプレイするならば導入していきたいシステムです。
入金時はもちろんですが出金の際にも電子決済を仲介にして出金し、口座に出金という流れを作ることになります。
入金の場合には直接入金ではなく、電子決済の指定する国内の代理口座に入金し反映を待つ形になります。
内部にチャージした状態を作るまでは1時間~翌営業日の反映が多いです。
チャージが完了すればオンラインスロットやオンラインカジノへの入金はほぼ即時の反映になり、入金時の手数料もかかりません。

どの入金方法がいいの?

どの入金方法がいいの?
おすすめの入金方法は電子決済になります。
内部にチャージしておけば即時の反映になり、使い過ぎ防止にもなります。
複数のオンラインカジノへの入金、出金の手数料も無料であり内部にサブカジノの売り上げを出金しておき、メインカジノへの入金も問題なく行えます。
クレジットは1回ごとの手数料がかかるので普段は電子決済をメインで利用し、どうしてもたりないときだけクレジットを使っているという人が大部分でもあります。

電子決済は入金回数が1日何回でも手数料がかからないので先にチャージしておき、小出しに使える部分などもメリットの一つです。
クジレットは併用しても、いざというときのもと考えておくといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です