オンライン決済サービスiWalletとは?特徴や入出金の方法

iWalletの特徴・メリット

iWalletの特徴・メリット
iWallet(アイウォレット)は2013年に現在Benedo LLCというジョージアにある会社で運営されており、アジアを中心に世界中で利用されています。
そのため、日本語にも対応しており、英語が苦手な方でも簡単に利用できます。
さらに12通貨(JPY、USD、EUR、GBP、SGD、HKD、CNY、IDR、PHP、MYR、THB、VND )にも対応しており、即座にお持ちの日本円を外貨に両替して海外のオンラインカジノで利用することが可能です。

他にもオンラインカジノの資金を一括で管理できたり、「ユニオンペイ」と呼ばれるクレジットカードを使って直接ATMから出金することができたりします。
また口座開設に一切費用が掛からないのもメリットの一つです。

・iWalletの安全性について
iWalletのプラットフォームは、業界標準のSSL暗号化技術と最先端のファイアウォールシステムを採用し、不正アクセスの防止、データ盗難から完全に保護する対策を行なっています。

またiWalletの公式ホームページにて運営会社の名前、住所などの企業情報も明記してあったため、運営会社が悪徳な企業であると考えづらいです。

・iWalletの入送金について
iWalletは利用者とオンラインカジノの金のやり取りを結ぶものです。
金の流れとしてはiWalletに入金→iWalletからオンラインカジノへ入金→オンラインカジノからiWalletに出金→iWalletから銀行口座に出金となっています。

金の大まかな流れは大体理解できると思いますが、実際どのようにiWalletに入金したり、iWalletに入っている金を出金したりするのでしょうか。
ここからはiWalletの入金方法、送金方法を紹介します。

入金方法

入金方法
その1.国際送金
iWalletの運営会社の指定口座に入金します。
その後、運営会社が資金を受け取ったら(通常3~5日ほどかかります。)
すぐに(受け取った日から1営業日以内)iWallet口座に反映されます。
ただし銀行のお振込手数料、中継手数料などは利用者が支払うことになっています。

その2.国内送金
iWalletの運営会社が準備する銀行口座や送金代行業者に振込します。
振込後すぐに(振込当日もしくはその翌日)運営会社が資金を受け取ります。
その後(受け取った日から3~5営業日以内)、iWallet口座に反映されます。
ただし銀行のお振込手数料、送金代行業者手数料は利用者が支払うことになっています。

その3.バウチャー
バウチャーとはiWalletが発行している一回使いきりのプリペイドカードのようなものです。
金額を決めて振込先に入金後、iWalletのアカウントに入金されます。
また執筆時の2021年現在は利用できません。

送金方法

iWallet口座にログインして、カンタン操作で指定銀行やiWallet Cardへ出金する事ができます。
iWallet Cardにチャージした残高は、世界各国のMasterCard加盟店でのショッピングやお食事、世界各国のMasterCard対応ATMで、現地通貨を出金する事ができます。
(ただし、カードのチャージ上限額は1回につき5000ドルまで/残高上限額は10000ドルまで)

iWalletを利用する上での注意点

iWalletを利用する上での注意点としては、まずすべてのオンラインカジノに対応していないというところです。
以前は多くのオンラインカジノで対応していましたが、2020年のシステムメンテナンス期間中で利用できなくなってしまったことが原因で減ってしまいました。

ですが、今後再び対応するオンラインカジノや新たに対応するオンラインカジノが出てくる可能性はあります。
(なお執筆時の2021年現在、対応しているオンラインカジノはカジノシークレット、ラッキーニッキーなど)

また一定期間(90日間)使用しない場合、その口座は「休眠口座」となり口座が凍結されます。
さらに180日間使用しなかった場合、休眠口座管理手数料として毎年20ドルが引き落とされます。
ですから長期間使用予定がない場合は注意が必要です。

手数料について

手数料について
iWalletの入出金のところでも触れましたが、入出金をする際に利用者は手数料を払わなければなりません。
個人アカウントの場合、銀行からiWallet口座への送金に関する手数料は無料なのですが、銀行送金には手数料として送額金の0.5%(最小35ドル)取られてしまいます。

iWalletCardにチャージする場合にも手数料として5ドル取られます。
また先ほど述べたように、休眠口座管理手数料として毎年20ドル、口座を閉じる際にかかる口座閉鎖手数料として5ドル取られてしまいます。

まとめ

iWalletは安全性、利便性にとても優れていますが、その一方で対応しているオンラインカジノが少ないことや手数料を多くとられてしまうなどのデメリットもあります。
実際iWalletのようなツールは他にも多く存在しています。
(エコペイズなど)ただiWalletが良い、悪いと判断するのではなくiWalletを他のツールと比較して自分に合ったツールとして選べばいいでしょう。

オンラインカジノでシミュレーションを体験してみよう

自宅でスマートフォンから気軽にスロットが楽しめる。
しかも、スロット店のスロットと同じように利益を出せる可能性が高い。
巣ごもり需要とオンラインカジノは非常に相性がよくユーザーが増加する一方になっています。

まずはシミュレーションを体験してみる
まずはシミュレーションを体験してみる
オンラインカジノの登録を済ませてログインし、スロットをどれにするか決める際に便利なのが「デモシミュレーション(無料版)」になります。
実際のオンラインカジノのスロットのデモ機をプレイするのと同じなので、掛け金を使わずに体験できる部分がメリットになります。
オンラインカジノによっては登録不要で遊べるところもあります。

シミュレーションでわかること

シミュレーションで体験できるのはリールの動きはもちろんですがオンラインと手元の動きのタイミングをそろえやすくなります。
ベットしている場合はここでミスしてしまうと掛け金が消えてしまいますがシミュレーションであればベットなしなので安全な状態でスロットの調子や癖などを自分で体験して納得して機種を選ぶことができます。
ベットした際の仮あたりの計算などもできるので、スロットをプレイしている人の多くがこのシミュレーションでまずプレイしています。

シミュレーションは本当にお金がかからないの?

シミュレーションは実機と同じスロットをプレイできますが、ベットすることができないので掛け金自体が発生しません。
また入金した現金や初回ボーナスなどからの徴収なども一切ないのでプレイする際の不安は持たなくて問題はないと言えます。

シミュレーションの後にしたいこと

シミュレーションでスロットの癖などを把握した後には、できれば複数のオンラインカジノで同じようにシミュレーションでプレイすることがお勧めになります。
これは3つほどのオンラインカジノを体験することでいわゆるホームカジノができることや、お得なキャンペーンなどを逃がさないようになることにもつながるからです。
この複数のカジノ体験は当日でなくとも問題はありません。
当日限定のボーナスなどもあるので、時間に余裕のある時にホーム。サブという形を作れるように回ってみてからどこをホームカジノにするのかを決めていくと焦らずに自分に合ったオンラインカジノを作りやすくなります。

実際に入金してみる

実際に入金してみる
主なオンラインカジノへの入金は
・銀行振り込み
・クレジット決済
・電子決済
・ビットコイン(仮想通貨)
などになります。

・銀行振り込み

これはオンラインカジノの指定する銀行口座に直接入金するものになります。いわゆる事前入金になり、予算に合わせて入金できる部分がメリットです。
営業時間内であれば反映が早いこともありますが翌営業~3営業日反映などもあるので時間に余裕をもって入金していきたい部分があります。

・クジレット決済

クレジット決済は最もメジャーな決済方法です。
VISAカードなどであれば反映も早く、大当たりを逃がさずにプレイしたい場合にはクレジットで入金する人も多いかと思います。
ですが、マスターカードなどの入金の場合には反映が遅れたりすることや、JCBjカードなどは使用できないオンラインカジノなども多くクレジットカードの種類を吟味する必要が出てきます。
即座の入金ができるので使い過ぎに気を付けていくことも大事になります。

・ビットコイン

仮想通貨などの取引をしている人であれば仮想通貨での入金も可能です。
仮想通貨の入金は最も早い反映速度になるので取引でなれているひとであれば仮想通貨を使っていくのがベストになります。
手数料なども無料なのもメリットの一つです。

・電子決済

電子決済はオンラインカジノ、オンラインスロットをプレイするならば導入していきたいシステムです。
入金時はもちろんですが出金の際にも電子決済を仲介にして出金し、口座に出金という流れを作ることになります。
入金の場合には直接入金ではなく、電子決済の指定する国内の代理口座に入金し反映を待つ形になります。
内部にチャージした状態を作るまでは1時間~翌営業日の反映が多いです。
チャージが完了すればオンラインスロットやオンラインカジノへの入金はほぼ即時の反映になり、入金時の手数料もかかりません。

どの入金方法がいいの?

どの入金方法がいいの?
おすすめの入金方法は電子決済になります。
内部にチャージしておけば即時の反映になり、使い過ぎ防止にもなります。
複数のオンラインカジノへの入金、出金の手数料も無料であり内部にサブカジノの売り上げを出金しておき、メインカジノへの入金も問題なく行えます。
クレジットは1回ごとの手数料がかかるので普段は電子決済をメインで利用し、どうしてもたりないときだけクレジットを使っているという人が大部分でもあります。

電子決済は入金回数が1日何回でも手数料がかからないので先にチャージしておき、小出しに使える部分などもメリットの一つです。
クジレットは併用しても、いざというときのもと考えておくといいかもしれません。

オンラインカジノの方が公営ギャンブルよりも圧倒的に稼げる

激しいレースの臨場感を満喫できる競馬や競艇、オートレースなどの公営ギャンブルには独特の魅力がありますが、ギャンブルで稼ぐという観点で見ると、ちょっと物足りないところがあるのも事実です。
これらの公営ギャンブルには長い歴史があり、過去のデータに現在の状況の分析も加えレースを予測するという楽しみ方があるのも事実ですが、これだけ手間をかけてもマイナス収支の方が多いのも事実です。

もし他にもっとシンプルに勝負して稼げるギャンブルを探している方がいたら、オンラインカジノがおすすめです。
ここでは、オンラインカジノの方が公営ギャンブルよるも圧倒的に稼げる理由を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

圧倒的に高いペイアウト率

圧倒的に高いペイアウト率
ペイアウト率(還元率)とは投資した金額のうち、どのくらいがプレイヤーに払い戻されるのかを示すギャンブル用語です。
公営ギャンブルに関しては、宝くじは約40%くらいで、競馬や競艇、競輪、オートレースなどは約75%と言われています。
仮に競馬で10,000円を賭けた場合ですが、このペイアウト率か計算すると7,500円ほどが戻ってくる計算となり、残りは運営である国や地方公共団体の収益となります。

一方オンラインカジノはペイアウト率が95%~99%となっており、最低の数値ですら公営ギャンブル大きく上回っています。
単純にギャンブルとして考えると、オンラインカジノのほうが圧倒的に勝ちやすく、公営ギャンブルのほうは、ペイアウト率が低くて、勝ち越すことは難しいことが分かります。

このようにオンラインカジノは、日本のどの公営ギャンブルよりも稼げることがお分かり頂けたと思います。

効果的な攻略法が使える

効果的な攻略法が使える
公営ギャンブルにも独特の攻略法がありますが、どれもあまり具体的な効果的があるとは言えません。
特に競馬や競艇などの「予想屋」は参考になるかもしれませんが、あおくまでも予測なので、絶対に効果を発揮するとは言えません。

また公営ギャンブルに関しては、自分で予測するのが楽しさの一部となっているので、予測屋を使っては本末転倒と言えます。
一方オンラインカジノの場合は、より実践的な攻略法が多くあり、これをマスターすることで、確実に勝率を上げることが可能です。
テーブルゲームのブラックジャックやバカラは、長年の歴史で培われたカードカウンティングという攻略法が、オンラインカジノで使用可能で、その効果は数学者にも証明されているほどです。

このカードカウンティングという攻略法は、本場ラスベガスなどのランドカジノでは禁止されているほど効果の高い攻略法となっています。
しかし遠隔でプレイするオンラインカジノで監視されるはずもなく、メモを見ながらじっくりと攻略法を試すことができます。

お得なボーナスを使って無料で稼げる

多くのオンラインカジノでは、新規登録したときにボーナス特典が用意されていて、無料でゲームを遊ぶことができます。
新規登録以外にも、初回入金時やプロモーションのときなどにもボーナスを受け取ることができ、実際の入金したお金を使うのと同じようにゲーム内で賭けることが可能で、もちろん勝利金は出金することもできます。

一方、公営ギャンブルの場合は、厳しい法律に縛られ射幸心を煽るようなキャンペーンは不可能で、賭ける際は必ず自腹で行うことになります。
このようにオンラインカジノは、様々な特典やボーナスが満載で、自分のお金を節約しながら稼ぐ手段が豊富に用意されています。
ただしオンラインカジノのボーナスで稼いだ勝利金を出金するには、ある程度の条件があり、これをクリアする必要があります。

不正行為が皆無

不正行為が皆無
法律で認められている公営ギャンブルでも、競馬や競艇、競輪、オートレースなどで八百長と呼ばれる不正行為が世間を騒がせることがあります。
ニュースなどで報道されることもあり、仮に疑惑だったとしても100%信用するのは難しいところです。
人間が選手として出場する競技が多いので、実際にイカサマを完全に排除することが困難なのでしょう。

一方、オンラインカジノは、不正行為が不可能な仕組みが出来ており、誰かが介入してイカサマを行うことが出来ないようになっています。
その仕組みとは「第三者機関の監視」「ライセンスの剥奪リスク」「ゲームは別会社が開発」「乱数発生装置の導入」などとなっており、二重三重に透明性を確保しているのです。

しかしオンラインカジノの中には、このような決まりを守らない違法オンラインカジノも存在するので注意が必要です。
違法オンラインカジノは不正行為の温床なので、必ず名の知れた大手オンラインカジノを選ぶようにしましょう。

まとめ

オンラインカジノの方が公営ギャンブルよるも圧倒的に稼げる理由を解説してきましたが、参考になったでしょうか?
レースの予測は公営ギャンブルの醍醐味でもありますが、ギャンブルとして考えるとペイアウト率が低くて稼ぐことは困難です。
しかしオンラインカジノのペイアウト率は圧倒的に高く、有効な攻略法も多くあるなど戦略に幅があり、公営ギャンブルよりも稼ぐことが可能です。

さらにボーナス特典を活用すれば、お金を節約しながら勝利金をゲットすることもできます。
もし公営ギャンブルで行き詰っている方がいたら、ぜひオンラインカジノを試して見てください。

マーチンゲール法とモンテカルロ法と相性のいいゲームの紹介

マーチンゲール法とモンテカルロ法は、基本的に2倍配当ないし3倍配当(モンテカルロ法のみ)であれば、利用できます。
しかし、名目上は2倍配当あるいは3倍配当であっても、そこまで相性の良いゲームでない場合も少なくありません。

一方、ルーレットやスーパーホイール(マネーホイール)は、マーチンゲール法とモンテカルロ法と特に相性が良いとされています。

今回、これらのゲームがなぜ相性がいいのか、どんなゲームなのかを紹介しまとめていきます。
これを読めばきっと、マーチンゲール法とモンテカルロ法とそれらのゲームが、いかに好相性か分かるでしょう。

マーチンゲール法とモンテカルロ法と相性がいいゲームとは

マーチンゲール法とモンテカルロ法と相性がいいゲームとは
2倍配当を標ぼうしていてもマーチンゲール法とモンテカルロ法と相性が悪いゲームも存在します。
具体的なゲームを挙げるとすれば、バカラやブラックジャックなどです。
これらのゲームがそこまで相性がよくないのは、勝利の確率が変化し正確でないこと、正確に配当が得られないことが挙げられます。

バカラやブラックジャックは、勝利の確率が変化します。
なぜなら、これらのゲームはオンラインカジノであってもカードの枚数がどんどん減っていくため、厳密な勝率が上がったり、下がったりするからです。

例えば、最初のゲームではカードの山に100枚以上のストックがありますが、数十ゲームを重ねるとストックは数十枚以下になります。
そうなると出たら勝つカードが減ったり、増えたりするため、大まかな勝率が計算しにくい状態です。
オンラインカジノは無限にカードが増えていくので関係ないと思われがちですが、ライブカジノなどリアルなものは、実際に減ります。

正確でないのも弱点です。
バカラやブラックジャックには、まれに引き分けがあります。

この引き分けは、忘れたころにやってくるのと、確率の計算が困難です。
しかもストックされたカード枚数が減るごとに、その計算はメモだったり、一般的な人の数学能力では計り知れないものになります。

そうなると、マーチンゲール法とモンテカルロ法の攻略がしにくくなるのです。
配当も正確ではありません。
バカラにはハウスエッジ、ブラックジャックにはブラックジャックで勝利した場合のボーナスがネックです。

ハウスエッジはバカラで勝ったら運営に支払う手数料を言います。
その割合は数%に満たない金額ですが、安定して少しずつ資金を増やすマーチンゲール法とモンテカルロ法によって大きな出費です。

一方ブラックジャックでは、合計が21になってブラックジャックで勝利したら配当が一気に増えます。
一見良さそうに見えますが、マーチンゲール法とモンテカルロ法の利益計算がややこしいものになることがあるため、あまり嬉しいポイントではありません。

こういった理由から、対応してはいるものの、マーチンゲール法とモンテカルロ法との相性は、そこまでよくありません。

マーチンゲール法とモンテカルロ法と相性がいいルーレット

マーチンゲール法とモンテカルロ法と相性がいいルーレット
マーチンゲール法とモンテカルロ法と相性がいいゲームとして、最も身近なものはルーレットです。
これは、現象が独立していること、きちんと利益計算ができることが理由です。

ルーレットは、一度ルーレットを回すと、次のゲームでも確率は同じになります。
なぜなら、先ほどのカードゲームと異なり、カードが減ることで勝率が変化することがないからです。
リアルなルーレットだと、ルーレット盤の摩耗などで出目に偏りが出る場合もありますが、オンラインカジノではそういったことはありません。

利益計算も容易です。
必ず2倍ないし3倍の配当を支払ってくれる上、ハウスエッジやブラックジャックのような変則的な配当はありません。
確かに最近のルーレットは、変速的な配当を採用しているものもありますが、クラシカルなものを選べばいいでしょう。

マーチンゲール法とモンテカルロ法と相性がいいスーパーホイール(マネーホイール)とは

マーチンゲール法とモンテカルロ法と相性がいいスーパーホイール(マネーホイール)とは
スーパーホイールもマーチンゲール法とモンテカルロ法と相性のいいゲームです。
このゲームは、ルーレットに似ていますが、その歴史は古代ローマ時代にまでさかのぼると言われています。

戦車の車輪の動きで賭博をしたのが起源とされるゲームです。
ゲームの内容はホイールに書かれている数字にベットして当選したら配当を得るというシンプルなルールです。

基本的にルーレットと同じですが、注意点があります。
それは、オンラインカジノによって配当が異なる場合があるということです。
ルーレットと同じ配当であれば、ルーレットと同じ感覚でベットできます。

しかし、マーチンゲール法とモンテカルロ法が使えない変則的な配当になっている場合もあります。
こういった点さえチェックすれば問題なくマーチンゲール法とモンテカルロ法を活用することができるでしょう。
ルーレットよりもテンポが速いので、配当倍率が対応していれば、マーチンゲール法とモンテカルロ法との相性が高いゲームです。

ラッキーニッキーが不正に厳しいからこそ生まれるメリット

ラッキーニッキーは比較的歴史が浅く、イカサマなどの心配がないか不安になる人もいるかもしれません。
しかし、ラッキーニッキーはゲームに不正などがないかチェックする第三者機関の認定を受けていて、公平公正な運営をおこなっています。
賭けに不正はなく、仮におこなおうとすれば営業自治ができなくなる可能性が高いのがポイントです。
オンラインカジノライセンスは非常に取得が難しいからこそ、不正を持ち込んで剥奪されるリスクは誰も犯したくないのです。

第三者機関の認定を受けているオンラインカジノ

第三者機関の認定を受けているオンラインカジノ
ラッキーニッキーは2017年から運営が開始され、アニメ調のキャラクターを採用した親しみやすさから人気になっています。
ボーナスの種類の豊富さ、VIPプログラムの充実など目玉になるものが多く、日本人向けのサポートも充実しています。
人気のオンラインカジノであっても、イカサマがないか気になってしまうのが人間というものです。
しかし、ラッキーニッキーは取得が厳しいことで知られるマルタ政府のオンラインカジノライセンスを取得しています。
さらに、オーストラリアの独立検査機関iTech Labsの認証を受けるなど、不正対策にも積極的です。
iTech Labsはオンラインカジノを含む、さまざまなゲームに不正がないかを監査する機関です。
第三者機関から認証を得た、信頼性の高いオンラインカジノになっているのです。
遊べるゲームも大手ゲーム会社のものがメインで、その多くが独自に第三者機関のチェックを受けています。
ゲームシステムやプログラム自体に不正がないか確認した上で、ラッキーニッキーにゲームを提供しているのです。
何重にも不正がないことが確認されているからこそ、安心して遊ぶことができます。

オンラインカジノ業界は不正に厳しい

オンラインカジノ業界は不正に厳しい
ラッキーニッキーがイカサマや不正を持ち来ないようにするのにも理由があります。
オンラインカジノ業界は不正に厳しく、厳格な取締りを行っているからです。
誰かがイカサマを持ち込めるオンラインカジノは、公平性が失われてしまいます。
誰か一人が得をして、他の客が損をすることになるため、健全な状態とは言えなくなってしまうのです。
胴元であるオンラインカジノ、プレイヤーの両方がイカサマを持ち込めないように工夫するのが当たり前になっていて、違反者には厳しく対応する傾向があります。
オンラインカジノのライセンス取得が厳しいのも、公平性や、不正を防止する対策が求められるからです。
簡単に不正ができる仕組みや、組織構造になっている場合はライセンス自体が発行されません。
また、オンラインカジノの不具合などがあった際に、顧客に払い戻せるお金があるかチェックされるケースもあります。
突然オンラインカジノを倒産させ、運営者が支払いの責務から逃れることを防ぐため、何重にも管理している国もあるのです。
不正を持ち込めないようにすることは、オンラインカジノの信頼性を高め、顧客を保護することにも役立ちます。
不正がおこなえないこと自体がオンラインカジノを守っている面も存在し、信頼できるライセンス取得や第三者機関のチェックを受けることは必須になりつつあるのです。
ラッキーニッキーは新興でありながら、国際基準を守っているオンラインカジノの一つになっています。

安全性が高いからこそゲームが楽しめる

ラッキーニッキーは仕組み的にイカサマが持ち込めなくなっています。
それでもイカサマを疑ってしまいたくなるほど負けてしまった場合は、一旦距離をとるのがおすすめです。
オンラインカジノを遊んでいると、信じられないほど勝てる時もあれば、負ける時もあります。
負けが続くと冷静さを失って無茶な賭けをしてしまう人もいるため、適度なタイミングで切り上げて別な日に遊ぶのも方法です。
どうしてもあきらめることが難しい場合は、ルーレットの空回しなどを使い、自分のツキをチェックする方法もあります。
実際に賭けなくても結果を予想することはできるため、予想を的中させ、運の波が戻ったと感じたらゲームを再開しても問題ありません。
ラッキーニッキーは常に賭けなければ遊べないオンラインカジノではないため、仕組みをうまく生かすと自分の気持ちのコントロールがしやすくなります。
安全性が高いことが魅力になっているため、ゲームを楽しめる状況でプレイした方がストレスがたまりにくくなります。

ラッキーニッキーにイカサマは持ち込めない

ラッキーニッキーにイカサマは持ち込めない
ラッキーニッキーは運営側もプレイヤーも、イカサマを持ち込むことができないようになっています。
不正が持ち込めないことは第三者機関も確認しているため、安心して遊ぶことができます。
ただし、その分登録名義などの管理は厳重になっているため、住所変更などがある場合は早めにサポートに連絡するのがおすすめです。
口座の管理も厳重になっているため、第三者不正に引き出す恐れもほとんどありません。
困ったことや不安がある場合はサポートを頼りつつ、無理な賭けをしないことがラッキーニッキーを楽しむコツになっています。

ベラジョンカジノで遊べるオススメのブラックジャック

今回は、ベラジョンカジノで遊べる、おすすめのブラックジャックをいくつか紹介していきます。
ベラジョンカジノは、日本語対応かつゲーム数が豊富なオンラインカジノです。
ライブカジノやテーブルゲームが用意されており、低レートから遊べるため気軽に楽しむことができます。
このように、魅力的なベラジョンカジノで遊ぶことができるブラックジャックの種類とおすすめのブラックジャックを3つ紹介していきます。

ベラジョンカジノとは

ベラジョンカジノは、日本で圧倒的人気を誇るオンラインカジノです。
「いち早くスマホの日本語対応に取り組む」「日本人が遊びやすいキャンペーンやトーナメントが豊富」といった、日本人に嬉しい要素がたくさんあります。

ベラジョンカジノを運営している会社は、キュラソー政府ライセンス取得済みのBreckenridge Curacao B.V.となっているため、信頼性も高く安心して遊ぶことができます。

また、BETする度にコインが貯まるご褒美プログラムが用意されており、貯まったコインを使ってキャッシュ・フリースピンなどのアイテムと交換できるためお得にカジノゲームを楽しめます。

ベラジョンカジノで遊べるブラックジャック一覧

ベラジョンカジノで遊べるブラックジャック一覧

ベラジョンカジノでは、ディーラーと対決する本場の雰囲気さながらの「ライブカジノ」と、機械と対決する「テーブルゲーム」の2種類あります。
では、具体的にどのようなブラックジャックがあるのでしょうか。
ここからは、ベラジョンカジノで遊べるブラックジャックを紹介します。

ライブカジノ(カジノ・パリ)では、ブラックジャック、デラックス・ブラックジャック、インフィニティ・ブラックジャック、ブラックジャックVIP、ブラックジャック・パーティーなどがあり、BET額は5ドル〜10,000ドルとなっています。

ライブカジノ(カジノ・シンガポール)では、ブラックジャック、ブラックジャックVIPなどがあり、ベット額は25ドル〜2,500ドルとなっています。

ライブカジノ(カジノ・NetEnt)では、ブラックジャック、パーフェクトブラックジャック、コモンドローブラックジャックなどがあり、ベット額は1ドル〜5,000ドルとなっています。

テーブルカジノでは、アメリカン・ブラックジャック、ブラックジャック・プロ、ディール・オア・ノーディール・ブラックジャック、ダブル・エクスポージャー・ブラックジャック、ヨーロピアン・ブラックジャック・マルチハンド、ソーニャ・ブラックジャック、シングル・デッキ・ブラックジャック、レッド・タイガース・ブラックジャック、リラックス・ブラックジャック、オリジナル・ブラックジャックなどがあり、ベット額は1ドル〜1,000ドルとなっています。

おすすめのブラックジャック3選

おすすめのブラックジャック3選

ここからは、ベラジョンカジノで遊べるおすすめのブラックジャックを3つ紹介します。
それぞれの特徴も合わせて紹介しますので、自分の目的ややり方に合ったブラックジャックを見つけてください。

ライブブラックジャック(カジノ・パリ)
ライブカジノとは、エレガントな美男美女がディーラーを努め、本場の雰囲気・臨場感を味わえるブラックジャックです。
中でもおすすめなゲームは、ブラックジャック・パーティーです。
ブラックジャック・パーティーでは、テンションが高い男女のディーラーがブラックジャックを盛り上げてくれます。

「ヒットをするシーンでプレイヤーがヒットしない場合には煽ってくる」「ブラックジャックが成立となった場合にはテンションが最高潮になり歌い始める」など、ディーラーによって、盛り上げ方は異なりますが、いつもとは違ったゲームを楽しめます。

ダブル・エクスポージャー・ブラックジャック
ダブル・エクスポージャー・ブラックジャック(Double Exposure BlackJack)は、ディーラーに配られるカード2枚両方を、表向きで配られるテーブルゲームのブラックジャックです。
そのため、ディーラーの合計値を把握することができるため、選択するアクションが明確で、プレイヤーに有利となっています。

また、一度に3か所同時に賭けられることも特徴です。
とはいえ、ブラックジャックが成立しても通常は1.5倍の配当金が得られるところを1倍になったり、引き分けがディーラーの勝利となったりとデメリットも存在します。

ソーニャ・ブラックジャック
ソーニャ・ブラックジャック(Sonya BlackJack)は、ユグドラシル社がリリースしたテーブルゲームのブラックジャックです。
ゲーム制作会社として有名なユグドラシル社ですが、ブラックジャックの制作は今作が初めてです。
ゲーム自体は、基本的なブラックジャックとあまり変わりません。

しかし、REFDUXテクノロジーを採用しているため、人を模したディーラーが話す・まばたきするといった動作がリアルになっています。
プレイ中に視点を自由に動かせることができるなど、スマホゲームのような感覚で楽しむことが出来るのが特徴です。

おすすめのブラックジャックまとめ

これまで、ベラジョンカジノで遊べるブラックジャックについて詳しく説明してきました。
ベラジョンカジノには、最低1ドルから最高10,000ドルまでBETできるブラックジャックが用意されているため、初心者からハイローラーと、幅広い人におすすめのオンラインカジノとなっています。

また、スマホゲーム感覚で遊べるユニークなブラックジャックや、本場の会場でプレイしているかのような雰囲気を味わえるブラックジャックなど、さまざまなものが用意されています。
このように、ベラジョンカジノには多種多様のブラックジャックが用意されていますので、お気に入りのブラックジャックを見つけてください。

ジパングカジノはボーナスが沢山

日本人が遊びやすい環境

日本人が遊びやすい環境
オンラインカジノの中には、日本語によるサポートを行っているところも多いです。

オンラインカジノの中でも、万全の日本語サポート体制を構築しているのがジパングカジノです。

「ジパング」という名前が付いていることからも分かる通り、日本人プレイヤー向けのオンラインカジノです。

ジパングカジノでは電話やメール、チャット等で24時間365日体制で日本語のサポートを行っています。

電話やチャットだと、利用できる時間が限られているオンラインカジノが多いので、ジパングカジノのサポート体制の充実ぶりが際立ちます。

フィリピン政府が発行するライセンスを取得しているので、高い安全性も保証されています。

ジパングカジノでもらえるボーナス

ジパングカジノにはプレイヤーのために、様々なボーナスが用意されています。

初回入金時に4つの選択肢の中から、好きなものを選べるボーナスもありますし、毎月入金時にもらえるボーナスもあります。

また、期間限定で開催されるプロモーションも多数あります。

プロモーションメールを受け取った人だけが参加することができます。

季節感が感じられる楽しいイベントもあるので、いつ訪れても飽きることがありません。

4つの選択肢から選べる初回入金ボーナス

4つの選択肢から選べる初回入金ボーナス
ジパングカジノでは、初めて入金を行う新規登録者に対して、初回入金ボーナスを用意しています。

初回入金ボーナスは、下記の4つの選択肢の中から、自由に選ぶことができます。

①入金額100%(最大1000ドル)

②入金額200%(最大2000ドル)

③入金額300%(最大3000ドル)

④初回入金ノーボーナス・キャッシュバック20%

それぞれ細かい条件が設定されているので、事前に確認した上で自分のプレイスタイルに合ったものを選ぶ必要があります。

①の100%ボーナスは、クレジットカードを含むどの入金手段でも利用することができ、賭け金条件が18倍に設定されています。

②の200%ボーナスは、クレジットカードを除いた入金手段に対応しており、賭け金条件は40倍に設定されています。

③の300%ボーナスは、スロットゲームのみを楽しみたい人に限定したボーナスです。

1000ドルまでの入金額に対して、300%(最大3000ドル)のボーナスが進呈されます。

300%ボーナスの賭け金条件は、60倍に設定されています。

④はボーナスを獲得しなかった人を対象としており、ゲームに負けた場合に初回入金額の20%がキャッシュバックされるものです。

入金額の10%がもらえる

ジパングカジノでは、入金額の10%をマッチボーナスとして獲得できます。

1ヶ月に獲得できる入金ボーナスの上限は、2000ドルに設定されています。

事前にサポートに連絡して、申請しておく必要があります。

ただし、入金ボーナスを獲得すると引き出しに制限が発生するので、よく確認しておくようにしましょう。

期間限定のプロモーション

ジパングカジノでは、毎月1日と16日に期間限定のプロモーションを発表しています。

プロモーションごとにボーナスの申請回数や賭け金条件、ボーナスの対象となるゲームは異なります。

プロモーションメールを受け取った人限定で参加できます。

マンスリーボーナスやマンスリーリベンジボーナス、生ものボーナス、誕生日ボーナス、スーパーキャッシュバックボーナス、ちょうだいボーナス等があります。

マンスリーボーナスは、ボーナスを受け取ってから消化するまでの期限を30日間とするボーナスです。

ボーナス率やボーナスの上限額などは、毎回プロモーションによって異なります。

マンスリーボーナスは、特定の決済サービスを利用することでボーナスが割増しになる場合もあります。

それから、生ものボーナスは毎週日曜日にもらえるボーナスで、すぐに腐ってしまう生もののように24時間しか有効期間がありません。

ボーナスを利用する際に注意

ボーナスを利用する際に注意
ジパングカジノでボーナスを獲得する際には、事前に申請しておくことが大切です。

初回入金ボーナスは入金した後に、4つの中から利用したいボーナスを選んでサポートに連絡をする必要があります。

入金ボーナスもゲームを始める前にボーナスの申請をしておかないと、ボーナス獲得が不可能になってしまいます。

ボーナスを受け取ったけれど、必要ないと思った時には、ゲームを開始する前に「ボーナス不要」と連絡をすれば削除してもらえます。

また、ボーナスを獲得すると、最低賭け金条件という引き出しに関する条件が発生します。

プロモーションによって、除外ゲームや禁止ゲームなどもあるので、事前にしっかりと確認してからボーナスを受け取る必要があります。

賭け金条件を満たしていないと、入金額を含めて1ドルも引き出す事が出来なくなるので注意が必要です。

オンラインカジノとランドカジノのルーレットの違い

オンラインカジノには、ランドカジノ(実店舗型のカジノ)と同様にルーレットが用意されています。
しかし、ランドカジノとオンラインカジノのルーレットには違いがあるものの、その違いを知らない方が少なくありません。

そこで今回、オンラインカジノとランドカジノの違いをまとめ、オンラインカジノの魅力についても紹介します。
これを読めば、きっとオンラインカジノとランドカジノのルーレットの違いやオンラインカジノの魅力を知ることで、プレイしたい気分になるのではないでしょうか。

空回しの有無

空回しの有無

オンラインカジノとランドカジノのルーレットの違いとして、空回しの有無があります。
空回しとは、ベットせずにルーレットを回す方法で、このルーレットの落ちる球の位置を調べることで攻略できるヒントになります。

確かにランドカジノでも、ルーレットの空回しが許可されているところもあります。
しかし、許可されているところは一部で、原則禁止されている方法です。

一方、オンラインカジノでは、空回しが許可されているので、それを生かした攻略法である2/3ベット法が使えます。
この攻略法は空回しを何度も行って、落ちた球がダズンベットの場合どこか、カラムベットの場合どこかといったようにチェックする攻略法です。

このチェックを行ってダズンベットかカラムベッドが同じところに3回連続で落ちたら、それ以外の場所にベットすることで高い勝率が期待できる方法になります。
その勝率は理論上98%を超えるもので、空回しができるオンラインカジノならではの有効な攻略法です。

決済手段

オンラインカジノとランドカジノのルーレットは、基本的にチップを購入してプレイします。
しかし、この決済手段がそれぞれ大きく異なります。

ランドカジノは基本的に現金がメインで、現地の通貨やアメリカドルを出してチップを購入するシステムです。
オンラインカジノは、その決済手段が多彩で、現金でも購入出来るうえ、その現金もアメリカドル以外にも日本円やユーロが利用できます。

また、クレジットカードや電子マネーの送金でも、購入できるようになっています。
近年ではビットコインやイーサリアムといった、いわゆる仮想通貨によってチップを購入できるようになってきています。

このように多彩な決済手段が使えるのは、オンラインカジノのルーレットとランドカジノのルーレットの違いです。

場所と時間

場所と時間
オンラインカジノとランドカジノのルーレットの違いは、場所と時間の違いも大きいといえます。
オンラインカジノは、パソコンを使えば自宅でもルーレットを楽しめます。

さらにアプリやスマートフォンのブラウザを使えば、外出先や通勤などの移動時でもルーレットを楽しむことができます。
また時間も24時間営業なので、深夜や早朝でもルーレットを回すことができます。

ランドカジノは、そういった自由さがなく、臨場感の高さがある反面、実際に海外のカジノの店舗に赴き、ベットしなければいけません。
また、ランドカジノは基本的に営業時間が存在し、早朝にルーレットが遊べるカジノはまれです。

このように時間や場所の制約の有無の点で、オンラインカジノとランドカジノのルーレットは違います。

オンラインカジノのルーレットの魅力

オンラインカジノのルーレットの魅力
オンラインカジノのルーレットの魅力は、日本国内でも合法的に遊べること、ルーレットのタイプが選べること、無料プレイで練習できることが挙げられます。

オンラインカジノは、基本的に海外のサービスを海外で受けるのと同じ解釈になります。
そのため、日本では禁止されているルーレットによるチップのベット(ギャンブル行為)が、自宅で気軽にできるのです。

こういったことを仮に日本でルーレットの開帳をした場合、賭博開帳罪という罪になります。
こういった罪に触れずに楽しめるのが、オンラインカジノのルーレットの魅力といえます。

ルーレットのタイプも選択可能です。
38個の数字からなるアメリカンタイプや37個の数字のヨーロピアンタイプなど主だったものだけも、4種類以上のルーレットが存在します。
オンラインカジノは、このうちのアメリカンタイプとヨーロピアンタイプという性格の違うルーレットを自由に選べます。

ランドカジノは、1つの店舗に1つのタイプしかないことも珍しくありません。
しかし、オンラインカジノであれば、その日の気分や攻略法によって選択ができるのも魅力です。

無料プレイで練習できるのも、オンラインカジノならではです。
実際の店舗で無料プレイというのは、まず無理です。

恐らく、おもちゃのようなルーレットで自分自身が円盤を回して練習する程度か、少額のベットで身銭を切って練習する必要があります。

しかし、オンラインカジノでは無料で練習できるルーレットが解放されているので、それを利用して練習できるのも魅力です。

カジ旅の登録や退会の手順を徹底解説

日本でも人気のRPG風のオンラインカジノのカジ旅ですが、サイトにアクセスすればすぐに遊べるわけではなく、遊ぶためにはアカウントの登録を行わなければいけません。

そのため、登録の手順がわからなかったり、登録後にきちんと退会できるのかが不安で手を出せないという人もいるでしょう。

特に日本ではオンラインカジノの人気は高まりつつありますが、まだ一般的なものにまで広がっているわけではなく、また海外の会社が運営しているため、不安に感じてしまう人も多いかも知れません。

そこで今回は、カジ旅のアカウントの登録や退会の手順について解説していきます。

カジ旅にアカウントを登録しよう

カジ旅にアカウントを登録しよう

カジ旅にはスマホとパソコンから、アカウントを登録することができます。
どちらを利用して登録しても、登録の手順は変わらないので、自分の使いやすい方法で登録してください。

①カジ旅を検索し、カジ旅の公式ホームページにアクセスします。

②画面上部にある「登録」をタップします。

③アカウント作成画面が開くので、ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力します。
ユーザー名は半角英数字6文字以上で、パスワードは半角英数字6文字以上で大文字・小文字・数字を最低1つずつ使用したものにしなければいけません。

またメールアドレスは、メールが届かない可能性があるため、携帯キャリアのメールアドレスでは使わないようにしましょう。
これらの入力が完了したら、「続ける」をタップします。

④名前、苗字、生年月日、都道府県以降の住所、郵便番号、都道府県を入力します。

名前や苗字、住所は全てローマ字で入力してください。
また住所の記載方法は日本語の時とは逆に記載します。

そのため「東京都新宿区新宿45丁目」だとしたら「45, Shinjuku, Shinjuku-ku」と入力してください。
以上の入力が終わったら「続ける」をタップします。

⑤カジ旅で使用するヒーローのアバターを選びます。

カジ旅では自分の代わりにこのアバターがカジ旅の世界を旅することになります。
登録後も変更することができるので、好みのものを選びましょう。

⑥電話番号の入力を行います。
左側の国番号は日本を表す「+81」を、右側には最初の0を抜いた携帯電話番号を入力してください。

⑦先ほど入力した携帯番号にSMSで認証コードが送られてきます。
その番号を確認し、画面に表示される入力欄にコードを入力してください。

認証コードが送られてこない場合は、入力欄の下にある「コードを再送する」をタップしてください。
認証コードの入力が終わったら、「アカウントの有効化」をタップします。

⑧アカウントの登録が完了するので、公式ホームページから登録したメールアドレスとパスワードを使ってログインします。
このようにアカウントの登録には特別な書類などは必要ありません。

カジ旅を退会するためには?

カジ旅を退会するためには?
カジ旅に登録しても、会わなくて利用しなくなったり、何かしらの理由で退会することもあるでしょう。
そんな時のことを考えると、登録する前に退会できるかについて知りたいという人もいることでしょう。

入り口だけでなく出口についても知っておくことで、より安心してカジ旅を利用することができるようにもなります。
カジ旅を退会する場合は、アカウントが完全に消されるわけではなく、アカウントを閉鎖することによりカジ旅を利用できなくしています。

このアカウント閉鎖を行うためには、カスタマーサポートにメールやライブチャットで退会したい旨を連絡しなければいけません。
その連絡さえしてしまえば、アカウント閉鎖の手続きは全てカジ旅側のスタッフが行ってくれます。

そのためそれ以外に特別な作業は必要ありません。
ですが退会手続きを進めていく中で退会の理由を聞かれるので、それには答えることができるようにしておきましょう。

カジ旅を退会する際の注意点

カジ旅は前述のように簡単な手続きで退会することができます。
ですが退会を考える前にいくつか注意しておいてほしい点があります。

カジ旅を退会する際の注意点
①退会理由がギャンブル依存症の場合はアカウントを再開できない

カジ旅から退会する人の中には、ギャンブル依存症の治療を理由に退会する人もいるでしょう。
ですがその理由の場合はアカウントの再開ができないので注意が必要です。

またこの理由の場合はカジ旅だけでなく、カジ旅系列のオンラインカジノでもアカウントを作ることができなくなります。
ですがまたカジ旅で遊びたいからと嘘の理由で退会するのはやめましょう。

ギャンブル依存症の治療のためには完全にギャンブルを絶たなければいけないので、治療が上手くいかない可能性があります。

②アカウントの残高を事前に出金しておく

カジ旅を始めとしたオンラインカジノでは、カジノで稼いだ勝ち金を出金することができます。
ですが退会手続きを進めてアカウントを閉鎖してしまうと、残高を出金することが難しくなってしまいます。
アカウントを再開すれば出金することができますが、退会の理由によってはアカウントの再開ができない場合もあります。

そのため余計なトラブルを避けるために、退会手続きを行う前に出金をしておくようにしましょう。
出金には手続きを行うための時間がかかるので、退会を考えている場合は余裕をもって出金手続きなども済ませておくようにしましょう。

まとめ

ここまでに紹介してきたように、カジ旅は特別な用意などは必要なく、簡単な手続きだけで登録や退会をすることができます。
そのためオンラインカジノに慣れていない人でも、特に苦も無く利用することができます。
オンラインカジノに興味がある人は、ぜひカジ旅に登録して遊んでみてください。

ギャンブル依存症にならない方法

オンラインカジノはギャンブル依存症になるか

オンラインカジノはギャンブル依存症になるか
カジノはいまや、オンラインで簡単にプレイすることの出来る遊技の一つとして多くの人に楽しまれています。

オンラインでチップを購入しバカラやルーレット、ポーカーなどを楽しみチップを増やしていく、現実のカジノとまったく変わらないプレイをネットの世界を通して楽しむことが出来るのがオンラインカジノの魅力です。

カジノと訊くと、昨今問題視されている「カジノとギャンブル依存症」の問題は、このオンラインカジノも切り離すことの出来ない社会問題であるといえます。

しかし実際には、日本では古くからパチンコや競馬といったギャンブルが身近に存在しており、そしてギャンブル依存症により身を滅ぼすという人も昔から存在していたのですから「オンラインカジノはギャンブル依存症の温床」であるかというと、そうとは言い切れません。

ですが、オンラインカジノもまた他の遊技と同じく「ギャンブル依存症」という社会的問題を抱えているということは間違いないのです。
そこで今回は、オンラインカジノを通じてギャンブル依存症について掘り下げていきたいと思います。

ギャンブル依存症とは何なのか

ギャンブル依存症は「過度に賭け事にのめりこみ、日常生活をおくることが困難な状態」と定義されています。
これはギャンブル依存症に限った話でなく、「依存症」と名のつくものの大抵は上記の定義に当てはまります。
ギャンブル依存症とは何なのか
ギャンブル依存症の場合はアルコールなどと違い直接的な健康被害に及ぶということは無いように見えますが、実はそうとも言い切れません。
ギャンブル依存症に陥ると、負けたことを忘れるために暴飲暴食をするようになります。

特に、お酒で忘れようという人が多いです。
すると、言うまでもなく健康にまで被害が及んでしまうのです。

ギャンブル依存症は、このように連鎖的に他の依存症や精神障害を引き起こしてしまう要因になりやすいという特徴があり、ギャンブル依存症が進行するとまるでダムが決壊するかのように日常生活が破壊されてしまう危険性が大いにあります。

オンラインカジノと普通の遊技の違い

では次に、オンラインカジノについて掘り下げていきます。
先述のように、オンラインカジノはネットを通してプレイできるカジノのことを言います。

実は、今現在では競馬などもオンラインでやり取りできるようになっており遊技のオンライン化が進んでいます。
そのため、オンラインカジノと既存の遊技の境目が失われていっているのが現状です。

では、既存の遊技とオンラインカジノに違いが無いのかというと、そうともいえません。
端的に言うと、オンラインカジノは「ネット上で同一の通貨(つまりチップ)を通じて複数の遊技をプレイできる」という特徴があります。

例えばオンラインで競馬を楽しむ場合、一回目に当たらなければもう一回、もう一回とのめりこんでいってしまいます。
この「のめりこむ」という状態がギャンブル依存症の入り口です。

のめりこんでいる時、我々の脳内では「ドーパミン」という快楽物質が放出されます。
その結果ハマってしまい、依存症に陥るというわけです。
そういう意味では、「もしかしたら次は勝てるのでは」と思わせるパチンコやパチスロの「演出」はかなり危険といえます。

一方、オンラインカジノは様々な遊技がプレイできるため負けが続くと、「ポーカーはやめてスロットをプレイしたほうがいいな」といった具合にのめりこむことを防ぎやすいのです。
のめりこみを防ぐことが出来るということは、ドーパミンの放出も防ぐことが出来るので結果としてギャンブル依存症を回避出来るということになります。

もちろん、過度にのめりこんでしまう可能性がゼロというわけではありませんが、事前に「のめりこむことが危険」と知っておけば他の遊技よりもオンラインカジノは冷静にプレイしやすい遊技だといえるのです。

プレイ回数をコントロールして楽しむ

よく釣れる釣り人というのは非常にせっかちで、20分かけても釣れないと場所を移動してしまいます。
ですが、実はこうすることで魚群に当たる確率を向上させ、多くの魚を釣り上げることが出来るというわけです。

オンラインカジノも、先述のように多くの遊技があるため同じことが可能です。
当たる確率が高くなるわけではありませんが。

例えば「ルーレットを5回プレイしても当たらなければ、次はポーカーをプレイ」というようにルールを設けておき、広く浅くプレイするのです。
そうすると、のめりこんでしまうことを防ぐことが出来、多くの遊技を自然と楽しむことが出来ます。
オンラインカジノはあくまでもゲームとして楽しむという心構えを持っておくことで、ギャンブル依存症から遠ざけることが出来るのです。

のめりこんではいけない

のめりこんではいけない
ギャンブル依存症は、のめりこんでしまうことで陥ってしまいます。
オンラインカジノは決してギャンブル依存症になりやすいものではありませんが、のめりこんでしまうと深い底なしの沼にハマッてしまいます。
自制心をもって楽しめば本当に面白い遊びなので、そのことを心がけてプレイしましょう。