オンラインカジノでの逮捕と事件を踏まえて紹介!

有名人が日本国内の店舗カジノをプレイして捕まった事例があることから、オンラインで楽しむオンラインカジノも違法と思われがちです。
しかし実際はオンラインカジノ自体をプレイしても逮捕されることはほぼありません。
今回、なぜ同じカジノでも逮捕されないのか、また逮捕された事例はどんなものなのかといったことを中心にお話します。
これを読めばどのような場合に逮捕されるのか知ることができるのではないでしょうか。
それではお話していきましょう。

結論を言えば個人のオンラインカジノの利用は基本的に合法

結論を言えば個人のオンラインカジノの利用は基本的に合法です。
そのため、プレイする分には逮捕されることはあまり考えられません。
その理由として、運営側がきちんとしたライセンスを持っているということ、規模の大きな企業は現地の上場企業であることが多いことが挙げられます。
それ以外にもインターネットで海外のサイトにアクセスしているため、アクセス先の法律で判断されることもその理由です。

まず運営側は多くの場合、ライセンスを持っています。
オンラインカジノの運営のサイトを見れば明らかです。
例えば、イギリスでライセンスを受けていたり、マルタ(地中海の島国)やキュラソー(カリブ海の島国)でライセンスを受けています。
イギリスは例外として、マルタやキュラソーなどの小さな国のライセンスに疑問を持つ方も少なくありません。
しかし、あくまで国家として認められていますから、国の大小関係なくしっかりとした効力を持っているのです。
これがライセンスを持っていないオンラインカジノだったとしたら、もしかしたら違法になることもあるでしょう。
しかし、一般的にプレイされているオンラインカジノは基本的にライセンスを保有していることが当たり前なのです。

オンラインカジノは個人が運営する小規模サイトではありません。
大きな金額が動くため、企業が運営を行っています。
しかもその企業が現地では上場企業であることも珍しくはないのです。
例えば、日本の証券取引所に上場するパチンコ関連の企業がオンラインカジノを運営しているという感覚です。
実際に日本ではカジノの運営は禁止されているのでこういったケースはありません。
しかし、海外ではこういったケースが見られるのです。

最後が解釈の問題です。
確かに日本でカジノを遊べば、逮捕されます。

結論を言えば個人のオンラインカジノの利用は基本的に合法

しかし、インターネットで海外のサイトへアクセスし、そこでカジノをプレイする場合、海外旅行先でカジノをプレイしたのと同じ解釈ができてしまうのです。
日本では違法でも、海外旅行でカジノをプレイしても日本の警察に逮捕されないように、オンラインカジノも同様にみなされています。

こういった理由から基本的には合法です。

オンラインカジノの利用で逮捕された事件がある

オンラインカジノは合法です。
しかし、逮捕された事例があります。
それは2016年に海外に運営元があるオンラインカジノを利用した日本国内在住の男性3名が賭博(単純賭博)の疑いで京都府警によって逮捕された事件です。
一見この事件の内容からオンラインカジノが違法と解釈されてもおかしくはありません。

しかしこれは事情があります。
その事情とはオンラインカジノの運営方針、参加者の行動の2つに問題があったことです。
オンラインカジノの運営方針がまず問題でした。
海外の利用者はほとんどなく、日本人ばかりを対象にしていたのです。
更に他の利用者の成績もわかるという親切なシステムも日本人ばかりプレイしていた証拠になりました。
こういった運営の場合、オンラインで海外の会社であっても日本での賭博行為とみなされるのです。

また参加者の行動も問題がありました。
顔出しでSNSにこの問題のあるカジノのプレイの様子をアップロードしてしまったのです。
オンラインカジノの利用で逮捕された事件がある
つまり、違法なオンラインカジノに参加しているという決定的な証拠を残してしまっていたことが逮捕された理由でした。

安全に楽しくオンラインカジノを楽しむには?

逮捕された事例から、オンラインカジノも接し方によっては逮捕されます。
そうならないように安全に楽しくオンラインカジノを楽しむ方法として、安全なオンラインカジノを選ぶこと、利益をむやみに公表しないことです。
安全なオンラインカジノを選ぶのには世界中の人々が参加するオンラインカジノを選ぶのがポイントと言えます。

例えば、ラッキーニッキー、ビットスターズ、ビットカジノ、チェリーカジノ、ベラジョンカジノといった知名度が高いカジノです。
これらを選んで楽しむのも重要と言えます。

また、利益をむやみに公表しないこともポイントです。
大手であっても法解釈が変わったり、経営で問題を起こしていきなり違法オンラインカジノとみなされるのは皆無ではありません。
そうなったとき、利益を顔出しで公表していたら、逮捕の対象になります。

このように安全に楽しく楽しむには、有名なオンラインカジノを選び、顔出しをしないということがポイントです。

オンラインカジノを楽しむには個人でスマホで楽しむのが一番です

今回紹介しませんでしたが、ネットカフェを利用してオンラインカジノをしていたり、あるいはオンラインカジノの成績で当選金を支払っていた店舗(いわゆるカジノカフェやオンカジ)が逮捕されている事例もあります。
こういった事例もあるのでパソコンで遊ぶ場合は、こういった店舗内ではなく自宅でプレイし、外出先ではスマホで行うのが合法的に楽しむポイントと言えるのではないでしょうか。
オンラインカジノを楽しむには個人でスマホで楽しむのが一番です

日本の国内法でオンラインカジノは裁けない

オンラインカジノは魅力多きギャンブル

オンラインカジノは魅力多きギャンブル

世界には多くのギャンブルがありますが、オンラインカジノほど魅力的なギャンブルはないでしょう。

オンラインカジノは、インターネットに接続可能な環境ならば世界どこからでも利用することができます。
しかもオンラインカジノは365日24時間営業しているので、朝でも夜でも時間を選ぶことなく、自分の都合に合わせてギャンブルを行えます。
そして、パソコンの他にもスマホやタブレットからもプレイすることができるので、ほんの少しの空き時間さえあれば外にいてもギャンブルを行うことができます。

オンラインカジノは海外で運営されているギャンブルであるため、円ではなくドルやユーロを用いることになりますが、外貨への両替もオンラインカジノが用意している決済サービスの方でその時のレートから自動で両替してくれるので、外貨の利用に関しても手間をかけることなく行えます。

他にも、ゲーム数は数百種類以上用意されているので飽きることなく長く楽しめますし、ゲームの中には10億円以上の賞金を得られるチャンスがあるものもあります。
こうした他のギャンブルよりも魅力的な部分が多くあることから、オンラインカジノは全世界に4000万人というプレイヤーを持つ、世界的なギャンブルとなっています。

安全性の高さ故に高い人気を得ている

安全性の高さ故に高い人気を得ている

どれだけ魅力的な点が多いギャンブルでも、安全性の面で不安があると、そのギャンブルを利用したいとは思わないでしょう。
オンラインカジノが海外で高い人気のギャンブルとなっているのは、高い安全性を確立していることがベースにあるからです。

オンラインカジノの運営会社の多くは、サッカークラブのスポンサーであったり、株式市場に上場していたりと、社会的な信用を得ている会社である場合がほとんどです。
そして、オンラインカジノを運営するためには、カジノを合法としている海外の国の政府からライセンスを発行してもらわなければなりません。
このライセンスを発行して貰うためには、海外の国の政府が定める多くの審査事項をパスする必要があります。

もちろん、この審査は合法ギャンブルとして認めるための審査であるため、その内容の厳しさは並大抵のものではありません。
ある程度名の知れた企業でも審査落ちしてしまう場合も少なくはなく、審査をパスするには資金に加え、ギャンブルサービスを提供するにあたっての運営能力も問われます。

オンラインカジノはこうした海外の国の政府による審査を受け、すべてパスした上で運営しているので、安全性の面に関しては一つも疑うべき点はありません。
このような安全性の高さがベースにあるからこそ、オンラインカジノは人気のギャンブルとして成り立っています。

賭博法が適用されるかどうか

オンラインカジノが多くの魅力を持つ安全なギャンブルだと言っても、日本国内から利用した場合違法にあたらないのかとの不安を持つ方もいると思います。
日本の法律にはギャンブルに対して働く賭博法という法律があります。
この賭博法が適用されるかどうかでそのギャンブルが違法ギャンブルなのかどうかが決まります。

賭博法が適用される条件は、公営ギャンブル以外のギャンブルを日本国内において開帳、または利用した場合です。
公営ギャンブルというのは競馬、競輪、競艇、オートレース、宝くじのことです。
これら以外のギャンブルを日本国内にて開帳、または利用した場合は賭博法により罰せられます。

オンラインカジノはもちろん公営ギャンブルではありません。
そのため、オンラインカジノの利用は違法にあたると思われてしまうところですが、オンラインカジノは日本国内にて開かれているギャンブルではありません。
海外の国で運営されているギャンブルをインターネット経由で行うため賭博法の条件には当てはまりません。
これはつまり、カジノ合法国に海外旅行に行きカジノ店でギャンブルを行う場合と変わりありません。
そのため、オンラインカジノを日本国内から利用しても法律によって罪を科せられることはないので、日本国内で認められているギャンブル同様に安心して楽しむことができます。

過去の事例から違法性について判断する

過去の事例から違法性について判断する

オンラインカジノの違法性については過去の事例からも判断することができます。

2016年3月、オンラインカジノを利用していたとして3名の逮捕者が出ました。
そのうちの2名は略式起訴として罰金を支払い罪を清算しましたが、残りの1名は逮捕を不服として裁判に持ち込みました。
その裁判の結果、その1名は不起訴となり罪に問われませんでした

不起訴というのは、検察が罪を立証することができなかったということを意味するので、オンラインカジノの利用は違法にはあたらないということがこの件からはっきりと証明されました。

こうして過去の事例からもオンラインカジノに違法性はないと証明されていますので、正式に海外の国の政府からライセンスを取得しているオンラインカジノを利用すれば誰でも安全に安心して楽しむことができます。

国ごとに異なるオンラインカジノへの対応

オンラインカジノ

世界でも違法と合法が分かれる

日本だけでなく、世界中でオンラインカジノは違法なのか合法なのかという議論が行われています。オンラインカジノを合法としている国であれば、違法という概念はありません。ただ、カジノを違法としている国が実はかなり多いこともあり、オンラインカジノも違法の対象に入ってしまうのです。
国によっては、一部地域はカジノは合法としているものの、それ以外の地域は違法として扱われていて、合法なのか違法なのか判断をつけられない場合もあります。

日本はカジノを違法として処罰している

日本の場合は、カジノ自体が違法という扱いになっている為、カジノが営業されていることが分かれば、警察の操作などを行って裏付けを取った上で違法として処理されています。
ただ、海外にデータが残されているオンラインカジノは、調査にもかなりの時間がかかることと、証拠として採用できないデータも多数あるため、違法でも合法でもないという扱いをされています。
当然ですが、日本国内でオンラインカジノを運営していた場合など、明らかにオンラインカジノを遊んでいると判断されるなら逮捕されます。
その場合運営側は、オンラインカジノを遊んでいた人よりも厳しい処罰を受けることになり、執行猶予付きの懲役を課せられる傾向が多いです。
日本はギャンブルについてはかなり厳しい傾向を持っている国です。違法とされているサービスについては、相当厳しく見ていますし、調査も速やかに実施され、証拠を取られてしまいます。

判断のつかないカジノ

海外は判断が分かれる

一方で海外では、オンラインカジノに関する対応が異なっています。オンラインカジノを合法としている国もあれば、違法と考えている国もあります。中には一部地域だけ合法と思っているけど、他の地域は違法と扱われているという、わかりづらい例もあります。
合法としている国は、カジノ自体が運営されている傾向にあります。店舗として運営しているカジノもOKだから、オンラインカジノもOKという扱いになります。違法の場合は逆で、店舗のカジノも駄目なのでオンラインカジノも駄目という扱いになります。
一部地域だけというのは、アメリカに代表される問題です。カジノを運営しているラスベガスはOKなのですが、他の地域はカジノを違法として扱っているので、オンラインカジノも駄目という扱いです。
海外では色々な傾向があり、日本とは異なる判断も出ています。

オンラインカジノ認識

オンラインカジノの存在は認識されている

日本でオンラインカジノを行っているのは違法なのかを判断するため、議論が進められています。
オンラインカジノ自体は、政府も把握しているサービスであり、実際に国会での討論が実施されたこともあります。ただ、政府として違法と思っていたとしても、証拠を集めないことには違法と判断できない問題等があり、なかなか大手を振って違法とは言えない状態です。

海外のサービスなので証拠が少ない

オンラインカジノのサービスは、全て海外に置かれています。サーバーからデータまで、海外の会社が管理していますので、証拠として出してもらうことが難しいのです。
日本の法律で裁ける範囲は、日本国内で起こっている犯罪に限られています。オンラインカジノは海外にありますから、国内で遊んでいたとしても法律の対象になりません。
更に、オンラインカジノに残されている証拠がかなり少ないこともあり、非常に厄介な問題を作ってしまうのです。警察としては、逮捕したいと考えて証拠を集めているのですが、全く証拠が集まらない状態になります。何とかして証拠をしっかりと集めて、逮捕に結びつけたくても、オンラインカジノが協力してくれないことには意味が無いのです。
結果的に、日本国内では違法とされているオンラインカジノは、逮捕するまでに必要な証拠を集めることができないので、プレイしているユーザーを逮捕させるまでには至らない状況です。

オンラインカジノ議論

オンラインカジノの違法性は議論されている

政府としての見解は違法としていますが、完全に法律で違法と判断されているわけではありません。つまり、逮捕したいと思っても、警察は証拠を集めて、単純賭博として判断できなければ意味がありません。
現在もオンラインカジノに関連する違法性は議論されていて、法律の改正が必要なのではないかとも言われています。法律を改正して、オンラインカジノを遊んでいることがわかった時点で逮捕できる状況にされれば、日本国内でもオンラインカジノによる逮捕者がかなり増えることになります。
しかし、議論は進んでいるものの、オンラインカジノに関連する法律改正が行われるような動きはありません。現時点では、政府は違法という認識を持っていたとしても、警察がしっかり証拠を集めてこない限り、逮捕しても罰を与えることができません。海外の会社が運営しているオンラインカジノだからこそ起きている問題であり、他のギャンブルとの違いが鮮明にあるのです。

違法なインカジ 合法なオンカジ

逮捕者が出たインカジ

ネットカフェのような店内でインターネットカジノを楽しむことが出来る「インカジ」が、何かと話題となっています。
こちらのインカジを経営していた経営者が逮捕されるなどのニュースが話題となりましたし、インカジが摘発されたことにより、オンラインカジノの違法性などが取り沙汰されています。
オンラインカジノとインカジは、同じように考えられていますが、実は全く異なるものです。
インカジは、お店の中でインターネットカジノを行い、そしてお店の中で、これらの支払いや精算などを行えるといったものです。
オンラインカジノとは違い、店内で行うことから、違法性が高く、摘発の対象となっています。既に大阪市内のインターネットカジノ店が、いくつか摘発されて逮捕者が出ています。

なぜインカジは違法なの?

このように、インカジは、摘発の対象となっており、逮捕されている方も多いです。オンラインカジノと比較して、なぜこれほどまでインカジが問題となっているのでしょうか。
まず、オンラインカジノは、自宅で楽しめるインターネットギャンブルであり、海外の業者が運営をしています。オンラインカジノそのものは、違法でも何でもありませんし、海外の業者は合法とされている国においてライセンスが発行されて運営されているので、違法ではありません。
しかし、インカジに関しては、完全に違法となっています。まず、インカジに関しては、オンラインカジノサイトではなく、お店を通してプレイを行います。さらにお店内で精算をしているということから、日本国内に胴元があることになります。このため、完全な賭博行為となってしまいます。
法律上、オンラインカジノはグレーゾーンとなっていますが、それに対してインカジは、日本国内で賭博をすることになりますので、完全に違法となってしまいます。

インカジにはリスクがたくさん

さらに、インカジにはさまざまなリスクがあります。逮捕されてしまったりするリスクはもちろんですが、インカジは暴力団などがこれを運営していますので、あらぬ疑いをかけられてしまったり、トラブルに巻き込まれてしまう可能性も少なくありません。
また、お店側がお金の精算をしていることになりますので、不正などのリスクも非常に高いですし、イカサマの可能性もあります。
このため、お金を稼ぐ目的で参加したとしても勝てずに資金を失ってしまうことになりかねません。ネット上でのギャンブルを楽しみたい…というのであれば、自宅でオンラインカジノで楽しみましょう。オンラインカジノで楽しむ分には逮捕のリスクなどもまずありませんし、このような不正のリスクなども避けることが出来ます。

オンラインカジノの位置づけとは?

日本でオンラインカジノに興味を持っている方は多いですが、「オンラインカジノは違法ではないの?」と不安に思い、プレイに踏み出すことが出来ない方も多いのではないでしょうか。
オンラインカジノは、歴史自体も浅いですので、それが違法か合法化は意見が分かれるところです。そこで、オンラインカジノの日本国内での位置づけについて詳しくみていきましょう。

オンラインカジノは合法でも違法でもない

日本国内において、オンラインカジノの位置づけですが、「合法でも違法でもない」というのが結論となっています。
日本では、公営ギャンブルとされている、競馬やパチンコ以外の賭博は禁止されています。このため、オンラインカジノも違法なのではないかというイメージがあります。
しかし、日本の法律をみても、オンラインカジノに関することが具体的に法律で明記されているわけではありません。
さらに、賭博というのは、日本にその胴元があって初めて検挙することが出来るものです。
オンラインカジノは、海外に胴元があり、オンラインカジノが正式に認められている国において許可されて運営がなされています。このため、日本の法律だけでこれらを裁くことは出来ません。
このため、プレイヤーがオンラインカジノサイトでプレイをしていても、日本の法律だけで裁くことが出来ないというのが現状です。こういったことから「合法でも違法でもない」と結論づけられています。

気をつけなければならないこととは?

このように、オンラインカジノは、合法でも違法でもないと考えられています。さらに、海外にサーバーがあるので、日本の法律だけで裁くことが出来ないとされているのです。
しかし、オンラインカジノで遊ぶ上で気をつけなければならないことがあります。
それは、オンラインカジノの中でも、日本の業者が運営をしているギャンブルサイトであれば、違法になってしまいますし、逮捕されてしまう可能性があるということです。
海外の業者が運営をしているものであれば、処罰することは難しいことになりますが、日本の業者が運営をしているオンラインカジノサイトであれば、確実に違法となってしまい、逮捕されてしまい、処罰もされる可能性が高いです。このため、オンラインカジノサイト選びには慎重になる必要があります。
オンラインカジノサイトを選ぶ際には、海外の各国でライセンスを取得している、優良業者を選んでプレイをするようにしましょう。